このページの本文へ移動します。

国内エネルギー事業

万全の保安体制のもと都市ガスを製造し、お客さまにお届けしています。

安全対策

供給網の整備と24時間の緊急出勤体制

当社の総延長約62,400km(地球を約1周半できる距離)のパイプライン網について、定期的な点検・整備により予防保全に努めています。また、中央指令室では、24時間体制でガスの供給状況を一元的に監視・制御し、お客さまからの通報があれば各地の基地から迅速に出動できる体制を構築しています。

防災対策(地震対策)

予防対策

大きな揺れを感知すると自動的にガスが止まるマイコンメーター(家庭用)の普及促進や、低圧ガス導管へのポリエチレン管の積極的な採用など、地震による被害を最小限に抑制するための取り組みを進めています。

マイコンメーター
マイコンメーター
柔軟性に優れたポリエチレン管
柔軟性に優れたポリエチレン管
緊急時対策

被害の大きな地域を限定してガスの供給を止めることができる導管網のブロック化を進め、本社中央指令室が被災した際は中央指令サブセンターが代わりに対応するなど、地震発生時のための備えを強化しています。

導管網のブロック化
阪神淡路大震災時 55ブロック 2020年3月末 約170ブロック
復旧対策

被災時に早期にガスの供給を再開できるよう、資機材備蓄やシステム整備を行っています。また、「復旧見える化システム」により、大規模地震発生時にガスの供給を停止した地域のお客さまに対して、わかりやすくガスの復旧情報を提供しています。

復旧見える化システム

ガスの復旧状況を市町村単位で見える化
(地図とリストの両方で確認)

復旧見える化システム

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

このページのトップへ戻る