このページの本文へ移動します。

海外エネルギー事業

海外エネルギー事業

上流・トレーディング事業

事業の概要と特徴

上流事業は、LNG調達に有益な知見の獲得に加え、グループ全体の収益拡大や安定化に貢献します。参画済みの案件を着実に推進しながら新たに生産・開発中の案件を中心に獲得することで、収益基盤の構築と事業推進力の向上を目指します。
2020年3月期は米国上流事業会社Sabine Oil & Gas Corporationの全株式を取得し、利益の拡大とともに上流事業のオペレーターとしての能力を獲得することが出来ました。米国上流事業を推進し、長期的かつ安定的な利益貢献を目指します。既存案件においても、豪州のゴーゴンLNGプロジェクト、イクシスLNGプロジェクトが安定して稼働しており、引き続き利益貢献が期待できます。
トレーディング事業については、シンガポールにLNGトレーディング会社Osaka Gas Energy Supply and Trading Pte. Ltd.を設立し、多様な調達ポートフォリオを活用した最適化などにより、お客さまのニーズに応えながらさらなる原料調達コストの低減を目指します。

  • 豪州ゴーゴン LNGプロジェクト
    豪州ゴーゴン
    LNGプロジェクト
  • 豪州イクシス LNGプロジェクト 国際石油開発帝石(株)提供
    豪州イクシス
    LNGプロジェクト
    国際石油開発帝石(株)提供
  • 米国東テキサスシェール ガスプロジェクト
    米国東テキサスシェール
    ガスプロジェクト

中下流事業

事業の概要と特徴

中下流事業は、国内エネルギー事業で培ったノウハウや経験を活かすとともに、現地での事業ノウハウを蓄積し、各案件の事業価値向上、主体的な事業運営を実現することで、持続的な成長を目指します。当社グループは、北米・欧州・中東・豪州でLNG基地事業やIPP事業などに参画しています。東南アジアにおいても天然ガス販売事業やエネルギーサービス事業に取り組んでいますが、さらに発電所やLNG基地などの事業にも取り組んでいきたいと考えています。現地で蓄積した事業ノウハウを活かし、主体的な事業展開を図ります。

投資案件の状況
米国における電力事業への参画

米国では、老朽化した石炭火力発電所の退役や、再生可能エネルギー電源の拡大などにより、電力の安定供給に対するニーズが高まる中、環境にも優しい天然ガス火力発電所が期待されています。
当社グループは2004年に米国の天然ガス火力発電所に参画して以来、全米最大規模の電力卸売市場であるPJM市場が位置する北東部を中心に案件を取得し、利益貢献の拡大に加え、燃料調達や市場への電力販売などの発電所運営に係る事業ノウハウの蓄積を進めてきました。
近年では2018年にミシガンパワー天然ガス火力発電所の持分100%を取得するなど、より主体的な発電所運営を推進することで事業ノウハウの蓄積を加速し、蓄積した事業ノウハウを2019年に商業運転を開始したフェアビュー天然ガス火力発電所の運営に展開することで、北米IPP事業の持続的な成長に向けて取り組んでいます。
また、2020年に分散型太陽光発電開発事業者SolAmerica Energy, LLCへ出資するなど、今後米国で拡大が見込まれる再生可能エネルギー電源への投資機会についても積極的に探索しています。

  • 米国ミシガンパワー 天然ガス火力発電所
    米国ミシガンパワー
    天然ガス火力発電所
  • 米国フェアビュー 天然ガス火力発電所
    米国フェアビュー
    天然ガス火力発電所
  • 米国SolAmerica Energy, LLCが過去に開発・建設した太陽光発電所 SolAmerica Energy, LLC提供
    米国SolAmerica Energy, LLCが
    過去に開発・建設した太陽光発電所
    SolAmerica Energy, LLC提供
フリーポートLNGプロジェクトの商業運転開始

米国テキサス州のフリーポートLNGプロジェクトにおける液化事業において、2019年に第1系列が商業運転を開始しました。2020年には第2・3系列が順次商業運転を開始しています。液化事業による安定した利益貢献の拡大に加えて、米国産LNGの調達開始により仕向地制限のないLNGを確保するとともに、供給ソースの分散化や価格指標の多様化を進めることで、安定的かつ柔軟なLNG調達を実現します。

東南アジアにおける事業展開

2013年にシンガポールとタイ、2018年にインドネシアに現地法人を設立し、天然ガス販売やエネルギーサービス事業を開始しました。2019年にはベトナムに天然ガス供給事業会社の設立、タイにおける太陽光発電事業会社の設立、海外で天然ガスインフラを開発するAGP International Holdings Pte. Ltd.への出資・戦略的協業契約の締結など、事業展開を加速させています。今後も、天然ガス需要の伸びが期待される東南アジアを中心に、現地のニーズに対応した事業活動を推進し、海外エネルギー事業を拡大していきます。

ベトナムフーミー3特別工業団地完成予想図
ベトナムフーミー3特別工業団地完成予想図

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

このページのトップへ戻る