このページの本文へ移動します。
総合TOP >大阪ガスの食育>お役立ち情報

大阪ガスは、「いただきます」で育もう。をスローガンに、食育活動に取り組んでいます。

お役立ち情報

小さな集いで「家すっきり」

 来週末にはゴールデンウイークが始まります。久しぶりに友達に会いたい、すっきり片付いた家でのんびりしたいという方も多いのでは?

 そんなあなたにお勧めなのが、少人数の友達を家に呼ぶこと。「人の目」をうまく使って、家をすっきり片付ける効果が期待できます。家が片付いてから、なんて言ってるといつまでも人は呼べません。できるだけ早く約束してしまうこと。前半の3連休(執筆は2013年)に招くには、今週末がチャンスです。

 目的は「家をすっきり片付ける」ことですが、そのためにはお客様を厳選する必要があります。義理のお付き合いや、大人数の集いは逆効果となりがち。一緒に食事をしたい、おしゃべりがしたいと心から思える方を数人に絞って頭に描いてみましょう。約束ができたら、持参してもらうものをリクエストするのもいいもの。料理自慢の方には得意料理を、野菜作りが趣味の方には手作り野菜を……とリクエストします。

 そして当日活躍するのが、大皿料理。日本の伝統的な配膳法(1人前ずつ盛り切り)より気軽に、和気あいあいと食事ができます。この大皿料理、中国の禅宗の一派の食事様式「普茶(ふちゃ)」がルーツともいわれます。また大皿やバナナの葉などに料理を盛る歴史は古く、ヨーロッパでは古代ギリシャやローマ時代からあり、貴族たちは横たわって手づかみで食べていました。だからというわけではないでしょうが、大皿に盛り込む料理は、手でつまめるものも人気です。そして、生ハムやチーズなど盛り付けるだけでよいもの、煮物やサラダなど作りおきができて冷めてもおいしい料理、サンドイッチなど人数調整ができる料理と考えていきます。さらにスープなど温かい汁物で満足度がアップ。ケーキやクッキー類は多めに用意して、残ればラッピングしてお土産にします。

 経験から「家のすっきり」効果は集いから約3週間。これで後半の4連休もすっきり片付いた家でのんびりリフレッシュできること請け合いです。


出典:大阪ガス株式会社 エネルギー・文化研究所 研究員 山下 満智子
毎日新聞 大阪本社 夕刊 2013.4.19掲載

ページトップ