このページの本文へ移動します。
総合TOP >大阪ガスの食育>トピックス

大阪ガスは、「いただきます」で育もう。をスローガンに、食育活動に取り組んでいます。

トピックス

教育・保育・行政関係者対象「2017年 食育研究会」開催

「食育研究会」は、食育に携わる教育・保育関係者の研修の一環として、2009年から毎年夏休みに開催しています。今年は、7月26日(水)〜8月10日(木)の間、ハグミュージアム及びクッキングスクール9拠点で開催し、行政関係者も含む227名の方にご参加いただきました。
今回は本物のだしを学んでいただくための新規プログラム「“和食だし”体験講座」を共通テーマに、各会場ごとにミニセミナーを開催しました。多くの先生方、行政の方の参加を得て、和食だしの魅力を再認識いただくと共に、食育に関して活発な意見交換をしていただきました。

「2017年 食育研究会」イメージ
「2017年 食育研究会」イメージ
「2017年 食育研究会」イメージ
「2017年 食育研究会」イメージ
「2017年 食育研究会」イメージ
「2017年 食育研究会」イメージ
【開催概要】
■開催日: 2017年7月26日(水)〜8月10日(木) 10時〜13時30分
■場所: ハグミュージアム・クッキングスクール9拠点
■対象: 教育・保育・行政関係者
(幼小中学校教員、栄養教諭、自治体職員など)
■概要: ①「“和食だし”体験講座」
・和食とだしの魅力の学習
・昆布とかつお節のだしの味覚体験、産地、種類、歴史などを紹介
・関西のだし文化もクローズアップ
②「食育ミニセミナー」 各地区ごとの講師の方からの講話
③“和食だし”調理実習・試食
(地元野菜と油揚げの煮物、カンタン茶わん蒸し、みそ汁、だしがら昆布とかつお節のふりかけ、はんぺんのチーズはさみカツ、ごはん、豆乳の寒天デザート)
上記メニューに加えて肉、生魚不使用、食物アレルギー対応の代替品を紹介。
④食育に関する相互情報交換
地区 開催地
開催日
参加者数 食育ミニセミナー
の内容
ミニセミナー講師
大阪 CS淀屋橋
ハグ
7/26(水)
7/28(金)
35名
35名
「関西のだし文化と
昆布」
こんぶ土居店主
土居 純一 氏
奈良 CS奈良 7/28(金) 30名 「奈良県の食材を
知ってもらう」
奈良県農林部 マーケティング課
美味しい奈良推進係長
安藤 正明 氏
兵庫 CS神戸 7/30(日) 29名 「昆布と一緒に
体験するUMAMI」
苦楽園 こんぶ処「永楽」店主
藤橋 健太郎 氏
南部 CS堺 8/1(火) 14名 「豆と健康と和食」 不二製油(株)
CSRリスクマネジメントグループ
アシスタントマネジャー  渡邊 修 氏
東部
CS淀屋橋 8/3(木) 27名
未来にはばたく
子どもたちへ
「今育てたい食の力」
「出汁のない人生なんて
味気ない。。」
大阪府立高校教諭
鍛冶 礼子 氏

茨木市昆布と鰹節のお出汁の
専門店山ア屋の土肥 誠一 氏
北部 CS千里 8/8(火) 25名
滋賀 CS滋賀 8/8(火) 8名 「早寝早起き
朝ごはんと和食」
大阪ガスクッキングスクール
谷田 美穂 氏
京都 CS京都 8/10(木) 24名 「“和食だし”
体験講座」のみ
大阪ガス(株)
■ご感想・ご意見
【“和食だし”体験講座について】

「だしのことがよくわかり、ミニセミナー、調理実習共に充実した内容だった」
「うま味のよさに気付くことができた。日本人として海藻文化を大切にしたい」
「おいしいだしを使えば、薄味で塩分も少なく健康によいことがわかった」
「だしの相乗効果について実際に試飲体験でき、実感することができた」
「昆布やかつお節の種類、使い方など詳しく教えてもらい参考になった」
「普段、だしパックを使っていたが、今後は昆布、かつお、いりこを使いたい」
「煮干しや干し椎茸など他のうま味素材についても知りたい」
「塩分が何%のだしの味とかも体験できるとよかった」
「他の参加者との交流ができてよかった」
「行政だけでは、アプローチできない層にも活動されているので、ぜひ連携した企画などが出来れば幸い」(行政の方)
「最新のガスコンロで調理ができ、とても勉強になった」

【現場で食育を進める上での課題】

「アレルギー対応児童がふえていること、家庭環境の違いが大きい」
「好き嫌いが多い子、小食の子、魚、野菜、和食が苦手な子、など対して、食べることに意欲が持てるような食育をしたい」
「子どもたちの調理の経験値が低く、ガスコンロの火の付け方から指導が必要など調理実習の準備、進行が大変」
「離乳食やマタニティの段階で調理をしない母親が増えている。子どもたちの将来が心配」(行政の方)
「活動的な食育授業を進める上で、地域とのつながり、協力があれば有難い」
「教員の過労、こどもの貧困が食育を進める上で課題」
「家庭科、食育指導の経験のない職員が増えているので、職員研修が必要」

「2017年 食育研究会」イメージ
ご挨拶
「2017年 食育研究会」イメージ
「“和食だし”体験講座」の様子
「2017年 食育研究会」イメージ
「“和食だし”体験講座」の様子
「2017年 食育研究会」イメージ
だしの試飲
「2017年 食育研究会」イメージ
調理実習
「2017年 食育研究会」イメージ
食育に関する相互情報交換

トピックス一覧へ戻る>>

ページトップ