このページの本文へ移動します。
総合TOP >大阪ガスの食育>トピックス

大阪ガスは、「いただきます」で育もう。をスローガンに、食育活動に取り組んでいます。

トピックス

「味覚の授業」「味覚のアトリエ」を開催

フランスでは、毎年10月に「味覚の一週間」と称して、料理人による「味覚の授業」を開催するなど、フランス料理の素晴らしさを再認識するための食育活動を国をあげて展開しています。
これにならい、日本でも味覚教育の推進を目的に、日仏文化交流や調理に携わる有識者が中心となって、日本版「味覚の一週間」の活動を国内で初めて展開することとなりました。

10月24日(月)〜30日(日)にかけて、関東から九州15都道府県の主要都市95カ所で、子供たちが味覚について学ぶ行事や啓発イベントなどが開催されました。
当社はこの活動に協力し、関西地域において、小学校への出張教育として「味覚の授業」を行なうとともに、当社料理教室で学校の先生方を対象に味覚に関する講義と調理実習「味覚のアトリエ」を実施しました。

実施内容の詳細は以下のとおりです。

【「味覚の授業」】
◆開催日時 2011年10月26日(水)10:45〜12:25
◆開催場所 芦屋市立 浜風小学校
◆対象 小学3年生 67名
◆内容 一流シェフによる「味覚の特別授業」
◆講師
四元 一誠(よつもと いっせい)
日本鉄板焼協会(JTA)認定師範
ノボテル甲子園 鉄板焼きレストラン「蔵」料理長

【「味覚のアトリエ」】
◆開催日時 2011年10月28日(金)18:30〜20:30
◆開催場所 大阪ガスクッキングスクール京都
◆対象 京都市教育委員会 主に小中学校の教諭の方々 37名
◆内容 一流シェフによる「味覚の特別授業と解説」
◆講師
奥田茂一氏
学校法人 大和学園 京都調理師専門学校 上級調理師科主任 西洋料理准教授
【味覚の授業】








【味覚のアトリエ】


トピックス一覧へ戻る>>

ページトップ