このページの本文へ移動します。
総合TOP > 大阪ガスの食育 > 食育セミナー

第12回食育セミナー『子どもたちの心と体の発達のための食』

主催 大阪ガス株式会社
後援 文部科学省、厚生労働省、農林水産省近畿農政局、大阪市、大阪府教育委員会、兵庫県教育委員会、京都府教育委員会、
奈良県教育委員会、和歌山県教育委員会、滋賀県教育委員会、大阪市教育委員会、神戸市教育委員会、京都市教育委員会
定員250名 ※お申し込み受付順
対象者 教育関係者(教育委員会、学校教諭、栄養教諭など)
保育関係者(保育士・調理員など)
行政・病院関係者
参加費 無料
申込方法予約制となりますので、下記「申込要領」からお申し込みください。
申込期間 2017年12月14日(木)〜2018年2月21日(水)
※定員になり次第、申込み受付を終了させていただきます。あらかじめご了承ください。
地図

交通
地下鉄長堀鶴見緑地線 ドーム前千代崎駅(①番出口より徒歩3分)
阪神電車なんば線 ドーム前駅(②番出口より徒歩3分)
JR大阪環状線 大正駅(徒歩7分)

●専用の駐車場がありません。
 上記の公共交通機関でお越しください。

基調講演 「子どもたちの食の現状と食育推進計画」講師 : 宮路 典彦 氏

内容
国(農水省)、自治体が牽引する食育「食育基本法・第3次食育推進基本計画概要」について説明。最近の子どもたちや若い世代の食の調査結果、現状などを背景に、農林水産省における食育の推進、和食の保護・継承、地産地消の推進の取組などを紹介いただきます。

講演T 「心と体に優しい和食だしの魅力」講師 : 山崎 英恵 氏

内容
和食の味わいの基盤ともなる出汁(だし)には、心や身体の健やかさを保つ様々な効果があることがわかってきています。だしのうま味や豊かな香りは、高い満足感を引き出すことができる和食のおいしさの要であり、うまく食事に取り入れることで脂質を減らす工夫につながります。また、和食だしの風味は副交感神経活動を亢進しリラックスした気分状態に移行させる効果が示されています。本講演では、こうした和食だしの健康増進効果に関する研究成果を紹介いただくとともに、和食だしの味わい体験を食育に取り入れることで期待される効果やその意義について紹介いただきます。

大阪ガスからの報告 「地域とつながる 心と体の発達のための食育活動」
講演U 「子どもの健やかな成長・発達を支える食生活とは」講師 : 西本 裕紀子 氏

内容
子どもにとっての食事とは、色々な食物を食べて必要な栄養を取り入れることと、味覚や嗜好の発達を促すという働きがあり、それによって心と体が成長・発達し生きるための基本的な能力を培う重要な営みです。不適切な食事による栄養障害は成長障害(低身長)や肥満・肥満合併症を引き起こします。では、不適切な食事とはどのような食事なのか、低身長や肥満・肥満合併症を予防・改善するポイントは何かを、豊富な栄養食事指導の経験と周産期・小児専門病院における臨床研究データをもとにお話いただきます。また、味覚や嗜好の発達を促し、子どもの「食べる力」を健全に育んでいくための食環境についてもふれていただきます。

セミナーの申込要領はこちら
問い合わせ/申込先
食育セミナー事務局 担当:城谷・小川  関西ビジネスインフォメーション株式会社(内)
〒541-0047 大阪市中央区淡路町3-5-13 創建御堂筋ビル4階
TEL.06-4706-3101 FAX.06-6201-5331
電話受付時間:9:00〜17:45 ※土日祝、年末年始(2017年12月29日〜2018年1月4日)除く