このページの本文へ移動します。
総合TOP> 企業情報 > 大阪ガスグループの取り組み > 技術開発情報 > 大阪ガスの家庭用固体高分子形燃料電池(PEFC)システム

大阪ガスの家庭用固体高分子形燃料電池(PEFC)システム

大阪ガスの燃料電池は、ガスから水素を取り出し、その水素と酸素を化学反応させて電気を作る装置です。
その発電時に温室効果ガスであるCO2を削減でき、エネルギーのムダを減らせる、地球にやさしい発電システムです。

この発電システムを利用した燃料電池コージェネレーションシステムは、
高い発電効率や、発電時に発生する熱の有効利用でさらに理想的なクリーンエネルギーの実現ができます。

ここでは、「燃料電池のしくみ」や大阪ガスが採用している「固体高分子形燃料電池」について、
大阪ガスが長期にわたり研究・評価してきた技術のご紹介をします。

※PEFC = Polymer electrolyte fuel cell の略
「エネファーム」は家庭用燃料電池コージェネレーションシステムの統一名称です。
「エネファーム」は家庭用燃料電池コージェネレーションシステムの統一名称です。

大阪ガスの技術開発情報

ページトップ