このページの本文へ移動します。

火にまつわるショートストーリー

「たのしい」「おいしい」「いやし」など、“火”を軸に展開されるショートストーリーをNPO法人プラス・アーツと共同で制作しました。
読み物として、また、ご家庭や団体での読み聞かせ題材としてご活用ください。

火にまつわる読み聞かせ

[プラス・アーツとは]
特定非営利活動(NPO)法人プラス・アーツ
「教育」「まちづくり」「防災」「環境」「福祉」「国際協力」といった社会の既存の分野に対してアート的な発想やアーティストの持つ既成概念に捉われない想像力を導入し、それぞれの分野が抱える様々な課題や問題を解消し、再活性化させることを目的に活動を展開している特定非営利活動法人。

<文> 安倍 真弓(あべ まゆみ)/ <絵> 森 ひろ子(もり ひろこ)

  • 第1話 昭男じいさんの守る火

    いやし 昭男じいさんの守る火

    神戸こうべのとある 中学校ちゅうがっこう校庭こうていです。 昭男あきおじいさんは 毎晩毎晩まいばんまいばん、たき火をしていました。 校庭こうていにまあるい あなって、 そこに、あつめてきて、ポッと火をつけるのです。

    お話を読む

  • 第2話 火とおどった、キャンプファイヤー

    たのしい 火とおどった、キャンプファイヤー

    みなさんは、キャンプファイヤーを っていますか? 小学生しょうがくせいのユウヤくんは、 キャンプファイヤーをまだ 見たことがありません。でも、 今日きょう林間学校りんかんがっこうはじめてしてみるので、ずっとずっと たのしみにしていました。

    お話を読む

  • 第3話 地上の水族館

    うつくしい 「地上の水族館」

    今日きょう小学校しょうがっこうに、大学生だいがくせいのおにいさん、おねえさんがてくれています。 今年ことし夏祭なつまつりに、6年生ねんせいみんなでする『灯明とうみょう』のはないのためです。まずは、おねえさんから『灯明とうみょう』についておしえてもらいました。

    お話を読む

  • 第4話 あおぞらクッキング

    おいしい 「あおぞらクッキング」

    今日は、だいちゃんが待ちに待った、キャンプの日。
    ばんごはんは大好だいすきなカレーライスだから、とっても楽しみです。
    みなさんは、カレーライスをつくったことはありますか?
    さてさて、どうやってつくるのでしょう?
    あおぞらクッキングの、はじまりはじまり〜!

    お話を読む

  • 第5話 お風呂遊園地

    あたたかい 「お風呂遊園地」

    たける君は、おふろが大好だいすき。
    いつも、妹のあいちゃんとお父さんと一緒いっしょに入ります。
    「じゃーんけ〜ん、ぽん!」
    「やった!ボクが勝った!今日は潜水せんすい大会(もぐりっこ)だね」

    お話を読む

  • 第6話 おるすばん大冒険

    こわい 「おるすばん大冒険」

    下校げこうしていたともき君は、帰り道が別れる交差点こうさてんでお友だちとバイバイしました。
    すると、とつぜん雨がふりだして、ともき君は大あわて。
    「わあ、びしょぬれー!急いで帰らなきゃ」
    ダッシュで走っておうちまで帰りました。

    お話を読む

第7話以降も、随時アップしていきます。どんなお話が登場するか、お楽しみに!!

ページトップへ

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。