このページの本文へ移動します。

火おこし体験

火を使うときの3つのお約束

火を使うときの3つのお約束

火は便利で大切なものです。同時に、火は危険なものでもあります。火を使うときは必ず、おうちの人たちと一緒に使いましょう。近くに消火用の水を用意することを忘れないようにしましょう。

古代の火おこしに挑戦しよう!

古代の火おこしに挑戦しよう!

実際の道具はこちら

古代の火おこしに挑戦しよう!



火育体験プログラム

火おこし体験とセットで実施することで、より楽しみながら参加者の火への理解が高まります。
※すべて有料です。詳細はお問い合わせください。

火育体験プログラム

上記以外にもオプションメニューございます

※各メニュー実施条件がございます。
※実施場所につきましては、大阪ガス供給エリア地域内のみとさせていただきます。なお、火気が使用可能であること、可燃性の地面でないことが前提となります。
※参加人数に限りがございます。ご希望にそえない場合もございますのでご了承ください。
※詳細は担当者とお打合せください。

火おこし体験のお申し込みはこちらから

マッチをすってみよう

火おこし体験 事例とご感想

事例を紹介

火おこし体験 レッドベアサバイバルキャンプ概要はこちら

感想をご紹介

  • 火おこしはいざという時原理すら道具の知識もないので、できるか不安でしたが、また練習したいなと思いました。
  • 現在、オール電化マンションに住んでいます。震災時、どんなことが必要とされるのかを現実的に考えることが出来ました。(それが遊びを通して楽しく・・・なのでさらにスゴイ!!)キャンプに参加する前と後とでは大きく認識がかわりました。
  • 火おこしで火がついたときには驚き、感動しました。ごはん炊きでは、まきの積み方を学び空気送りの重要さに感心しました。
  • 普段子供に火を使わせることはしていないのですが、朝食づくりでのフライパンに積極的に取り組む姿を見て、危険だからと遠ざけるのではなく危険にならないように使う方法を教えていきたいと思いました。
  • 火おこしは以前よりやりたかったので良かったです。
  • 火おこし体験で初めて火がついたのがうれしかった。
  • たき火の体験もないので、火おこし・まきくべ等いきいきやっていてよかったです。
  • 火おこし体験では思った以上になかなか火が灯かず、またおこした火を見守るのも大変だと感じました。毎日の生活は本当に便利なんだと改めて気づきました。
  • 火は食以外にも明かり暖と大切な物なので、火おこし方法を習った事、ごはん炊きの火かげんなど親も子も習う事が出来てよかった。
  • 火おこし、ごはん炊きはいざという時に必要な知識なので体験できて勉強になった。
  •  

ページトップへ

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。