関西初☆LNG燃料船へ供給実施

LNG燃料の供給を受けるタグボート「いしん」とタンクローリー

大阪ガスと大阪ガスの100%子会社であるOGCTSは、堺泉北港において、商船三井さまが開発したLNG(液化天然ガス)燃料タグボート(※)「いしん」への燃料供給を、関西で初めて実施しました。

「いしん」は、商船三井さまが船主となり、金川造船さまが建造し、日本栄船さまが運航を行うもので、2019年4月に商業運航を開始する予定。 今回供給したLNG燃料は、商業運航開始に向けた試運転用として使用されます。

日本でも今後、硫黄酸化物(SOX)に対する規制強化されることが決まり、環境性能に優れたLNGを燃料として船舶に供給する取り組みが本格化し、船舶用燃料としてのLNGの普及が見込まれています。

今回、大阪府港湾局による港湾整備や、商船三井さまをはじめとする関係者と、関係法令に対応したLNG燃料供給体制を整備することで、燃料供給を実現しました。 今回の取り組みで得たノウハウを活用し、船舶向けLNG燃料供給の拡大に向けてさらなる検討を進めていきます。

DaigasグループはESGに配慮したグローバル基準の経営を目指しており、これからもクリーンエネルギーである天然ガスの普及拡大を通じ、環境負荷の低減に積極的に貢献してまいります。

プレスリリースはこちらから☆

※タグボートとは…大型船や水上構造物が岸壁や桟橋へ離着陸する際に補助を行う小型船

LNGの供給状況

2019年2月4日(月)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめピックアップ

「ガス復旧開栓 再訪問申込み」ができます

第7報【都市ガス供給の復旧状況などについて】

第8報【6/21(木)に供給再開予定の地域】

公式SNSアカウント

このページのトップへ戻る