アメリカでもForesight Creation!

コーネル大学での講義風景

以前、「大阪ガス通信」でもご紹介した大阪ガス行動観察研究所の松波所長が9月14日と18日の2日に渡って、アメリカのコーネル大学ヒューマンエコロジー学部のデザイン環境分析学科の大学院生および学部生計50人を対象に「Foresight Creation」の講義を行いました☆「Foresight Creation」とは、新たな価値を生む(=イノベーション)ために大阪ガス行動観察研究所が理論やメソッド構築した実践的な方法論で、「未来への展望を生み出す」という意味。

講義では、松波所長の書著『ザ・ファースト・ペンギンス ―新しい価値を生む方法論―』に記した “Foresight Creation” の方法論を中心に、価値創造に必要な能力のトレーニング方法もいくつか実施し、参加した学生たちはうなづきながら熱心に聴講しました! 講義が終わった後も、ディスカッションが続き、日本語が読めない生徒も “書籍を読みたい” と興味を示してくれました☆

今回の経験から、「さらに新価値創造に邁進していきたい」と松波所長☆『大阪ガス通信』では、引き続きDaigasグループのユニークな取り組みや、気になるニュースをお届けします☆ どうぞお楽しみに!

「Foresight Creation」について詳しくはこちら

2018年10月23日(火)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめピックアップ

「ガス復旧開栓 再訪問申込み」ができます

第7報【都市ガス供給の復旧状況などについて】

第8報【6/21(木)に供給再開予定の地域】

公式SNSアカウント

このページのトップへ戻る