新潟県長岡市に『長岡炭酸株式会社』を設立

製造設備建設予定地

大阪ガスの100%子会社である大阪ガスリキッドは、液化炭酸ガスとドライアイスの製造設備を、国際石油開発帝石さまの長岡鉱場の隣接地に建設するため、事業運営会社「長岡炭酸株式会社」(以下、「新会社」)を設立しました!

液化炭酸ガスとドライアイスは、国内における石油精製施設の減少や、アンモニアの生産縮小に伴い、原料の供給源が減少しており、全国的に製品の供給が慢性的に不足する状況にあります。

新会社は、国際石油開発帝石さまから原料となる炭酸ガスの供給を受け、液化炭酸ガスとドライアイスの製造販売事業を行い、安定的な供給体制の構築に貢献します。 当製造設備の建設は、Daigasグループの産業ガス分野としては関西域外での初の事業化となります。

Daigasグループは、長期経営ビジョン2030「Going Forward Beyond Borders 2030」において、関西域外も含めた産業ガス事業の拡大に向け、中下流事業も含めた産業ガス分野のバリューチェーンの構築を図ってまいります。

プレスリリースはこちらから☆

2018年10月22日(月)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめピックアップ

「ガス復旧開栓 再訪問申込み」ができます

第7報【都市ガス供給の復旧状況などについて】

第8報【6/21(木)に供給再開予定の地域】

公式SNSアカウント

このページのトップへ戻る