“紫陽花”(あじさい)のお菓子を作ってみよう☆

このコンテンツを見るためにはJavaScriptを有効にしてください。Please enable JavaScript to watch this content.

6月16日は「和菓子の日」 ―
その歴史はとても古く、848年(嘉祥元年)6月16日に、仁明天皇が16個のお菓子やお餅などを神前にお供えし、疫病を除け健康招福(けんこうしょうふく)を祈願したことが始まりと言われています。 その後、この日に和菓子を食べるという習慣は、江戸時代まで続いていたそう。 そんな「和菓子の日」、涼しげで風情のある和菓子、 “紫陽花”(あじさい)を作ってみませんか? 赤と青のシロップを混ぜると紫色になり、さらにミントの葉などを添えると、より “紫陽花” らしくなります(*^▽^*)

【材料 水色・ピンク各4コ分】調理時間30分
水                100ml
粉寒天              2g
グラニュー糖           100g
かき氷シロップ(赤)       少々
かき氷シロップ(青)       少々
白あん              160g
ぶどう
(種なし、皮ごと食べられるもの) 8粒

2018年6月13日(水)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめピックアップ

タイにおけるバイオガス精製システム実用化プロジェクト

- こんなとこにもDaigasグループ - 関西の食文化を伝えたい--

実験集合住宅「NEXT21」電力個人間取引の実証試験を実施!☆

公式SNSアカウント

このページのトップへ戻る