「クリーンエナジー天然ガス火力発電」事業に参画☆

クリーンエナジー発電所

大阪ガスは、当社100%子会社を通じ、米国・コネチカット州で稼働中の「クリーンエナジー天然ガス火力発電」事業に参画し、米国大手インフラファンドであるAres EIF Management, LLCの子会社から、24.3%持分を取得する契約を5月15日に締結しました!

2011年7月に運開した「クリーンエナジー発電所」は、62万kWのガスコンバインドサイクル方式の天然ガス火力発電所で、大阪ガスが米国IPP事業に参画するのは13件目。

Daigasグループは、長期経営ビジョン2030「Going Forward Beyond Borders」において、米国を重点地域と位置づけており、これからも海外エネルギー事業を強化していきます!

プレスリリースはこちら

2018年5月24日(木)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめピックアップ

「ガス復旧開栓 再訪問申込み」ができます

第7報【都市ガス供給の復旧状況などについて】

第8報【6/21(木)に供給再開予定の地域】

公式SNSアカウント

このページのトップへ戻る