『ガス給湯器』の凍結予防と凍結発生時の対処について

凍結予防方法

大阪ガスから皆さまにお知らせとお願いです。気温がグンと低くなり、近畿地方にも強烈な寒波が襲来しています。『ガス給湯器』には、気温が下がると安全装置が作動する防止結予防ヒーターが装備されている機種もありますが、接続されている配管までは凍結を防止できません。『ガス給湯器』の給水・給湯配管が屋外に露出していると、配管が凍結してしまう恐れがあり、凍結すると、キッチンやシャワーのお湯側の蛇口からお湯も水も出なくなります。また、積雪により『ガス給湯器』が破損する恐れもあります。

\『ガス給湯器』の故障・破損事故を防止するために/
(手順1)
リモコンあり→ ●運転スイッチオフにする
リモコンなし→ ●ガス給湯器のガス栓を閉める
(手順2)
●お湯の出る蛇口から1分間に約400ミリリットルの水を流し続ける(混合水栓の場合はお湯側にして下さい) ※電気コンセントは抜かないように注意してください!

\万一凍結した場合の対処方法/
★自然に溶けるのを待つか、凍った部分にタオルや布を巻いて、その上からゆっくりとぬるま湯をかけて解凍してください。
※ 直接熱湯をかけると、水道管が破裂するおそれがあります。
※ 蛇口から水を流し続けていた方は、凍結が解消されると水が流れたままになりますので、蛇口をしっかり閉めておいてください。

大阪ガスWebサイトでは、凍結の予防方法と、万が一凍結してしまったときの対処法を掲載しています!
高齢のご家族やお一人で暮らされている方への注意喚起に、ご協力をお願いいたします。
昼間も防寒対策は万全にしてお出かけ下さい!

「凍結予防と凍結時の対処法」はこちら

2018年2月5日(月)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめピックアップ

PCサイド画像

大阪ガス野球部 熱球道場 第14回「代打でヒットを打つために」

ガスビルの屋上で、『いきものモニタリング』を実施☆

公式SNSアカウント

このページのトップへ戻る