本日10月19日は大阪ガス創業記念日

画像1

今から112年前の1905年(明治38年)10月19日、大阪ガスは“ガス供給”を開始しました。
お客さまに支えられて、今年112年目を迎えることができました。心から御礼申し上げます。
大阪ガスの現在の本社ビル、通称“ガスビル”は昭和8年の竣工です。そして、ガスビルが建つ大阪のメインストリートが“御堂筋”。当時は幅員6メートルだった道路を44メートルに拡幅し、梅田から難波を結ぶ大幹線道路として昭和12年(1937年)に完成し、今年で完成80年を迎えます。

ガスビルは『大阪のシンボルストリート“御堂筋”』の発展とともに歩んできました。昭和8年の竣工時には、現在も営業を続けている「ガスビル食堂」をはじめ、講演場、美容室、理髪場、ガス料理講習室が設けられ、訪れる人々を楽しませました。そして、4年後に拡張工事を完成した御堂筋には、今と同じ“いちょう並木”が植えられ、ゆったりとした歩行者空間が人々を驚かせました。

太平洋戦争時には、ガスビルも外壁をコールタールで真っ黒に迷彩塗装を施し、御堂筋も軍道として使用されるなど、時代の影響も受けましたが、ガスビルも御堂筋も、なんとか戦火を免れます。ガスビルは、高度経済成長期の昭和41年、本社事務所拡張の為、ガスビルの北館増築に着手し、現在の姿になり、御堂筋も沿道でビル建設ラッシュが起こり、美しいオフィス街を形成しました。

さまざまな時代の変化と共に成長してきた“ガスビル”と“御堂筋”。大阪ガスは、これからも皆さまのライフラインとして歩んでまいります。

2017年10月19日(木)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめピックアップ

「 70,000いいね!」ありがとうございます☆

ガスビルの屋上で、『いきものモニタリング』を実施☆

大阪ガス硬式野球部 熱球道場「第13回 ボールを遠くへ飛ばすコツ」

公式SNSアカウント

このページのトップへ戻る