「関西 酒場遺産」― あまから手帖3月号 発売中!

「関西 酒場遺産」― あまから手帖3月号 発売中!

とびきりのきずしやだし巻き、食べて呑んで2,000円でお釣りがきた。「よそが高すぎますねん。でもいつまで続くかわかりませんで」―― 昭和の時代から続く街の酒場が、少しずつ姿を消しています。それでも ―― あの味、この人、そこにしかない空気。「遺ってほしい」と願わずにはいられない、気概にあふれた街の酒場。

今月の「あまから手帖」は「関西 酒場遺産(レガシー)」と題し、心にも懐にも染みる昭和の名酒場を集めました!

店を語る絶品や呑みたくなるおでん、80年以上続く大バコなど、味のある酒場をずらりと掲載しています。

絶品おつまみレシピも掲載!
安くて旨い、ときどきおもろい、「酒場遺産(レガシー)」。ぜひ手に取ってご覧くださいね☆

【あまから手帖】3月号について詳しくはこちら
※外部サイトへ移動します。

2017年3月6日(月)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめピックアップ

「 70,000いいね!」ありがとうございます☆

ガスビルの屋上で、『いきものモニタリング』を実施☆

大阪ガス硬式野球部 熱球道場「第13回 ボールを遠くへ飛ばすコツ」

公式SNSアカウント

このページのトップへ戻る