このページの本文へ移動します。

IRニュース

文字サイズ
  • 文字サイズを小さくする
  • 文字サイズを標準にする
  • 文字サイズを大きくする
印刷
ページを印刷する

米国・コネチカット州における天然ガス火力発電事業への参画について

2018年5月15日
大阪ガス株式会社

 大阪ガス株式会社(社長:本荘武宏、以下「大阪ガス」)は、当社100%子会社を通じ、米国・コネチカット州において稼働中のクリーンエナジー天然ガス火力発電事業(以下「クリーンエナジー発電所」)に参画することとし、米国大手インフラファンドであるAres EIF Management, LLC(アレス・イーアイエフ・マネジメント社)の子会社からクリーンエナジー発電所の24.3%持分を取得する契約を日本時間5月15日(米国現地時間:5月14日)に締結しました。
 
 クリーンエナジー発電所は、2011年7月に運転を開始した62万kWのガスコンバインドサイクル方式の天然ガス火力発電所です。地元の電力事業者と長期契約を締結しており、安定した利益を積み上げることができます。
 
 Daigasグループは、長期経営ビジョン「Going Forward Beyond Borders 2030」において、海外エネルギー事業を成長事業領域の1つとしており、今後も米国を重点地域と位置づけ、海外エネルギー事業を強化していきます。
 
以上
 
  Daigasグループが持つ技術力やグローバルに展開する事業活動を、
Webサイトページ「ENTERPRISE FUTURE」で紹介しています。
(PC版)http://www.osakagas.co.jp/company/enterprise_future/別ウインドウで開く
(スマホ版)http://www.osakagas.co.jp/sp/company/enterprise_future/別ウインドウで開く
 
▲ページトップ
 
(別紙)
1.本事業の概要
 
プロジェクト名   クリーンエナジー天然ガス火力発電事業
事業会社名   Kleen Energy Systems, LLC(クリーンエナジーシステムズ社)
所在地   米国・コネチカット州
発電能力   62万kW
商業運転開始   2011年7月
出資者(出資比率)   大阪ガス(24.3%)、九州電力(20.25%)、双日(20.25%)、既存株主(19%)、中国電力(16.2%)
   
2.事業スキーム図
事業スキーム図
   
3.発電所所在地および外観
発電所所在地および外観

IRニュース 目次ページ

ページトップ

株主・投資家情報

大阪ガスをもっと知る!

  • 事業内容
  • 沿革
  • DaigasグループのCSR

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

このページのトップへ戻る