このページの本文へ移動します。

IRニュース

文字サイズ
  • 文字サイズを小さくする
  • 文字サイズを標準にする
  • 文字サイズを大きくする
印刷
ページを印刷する

液化石油ガス(LPG)卸売・小売事業の再編統合について

2017年8月3日
伊藤忠エネクス株式会社
大阪ガス株式会社

 伊藤忠エネクス株式会社(社長:岡田賢二、以下「エネクス」)と大阪ガス株式会社(社長:本荘武宏、以下「大阪ガス」)は、両社が50%を出資する合弁会社『株式会社エネアーク(仮称:以下「エネアーク」)』を2017年10月1日付で設立し、関東・中部・関西のそれぞれの地区における液化石油ガス(以下「LPG」)卸売・小売事業を統合するとともに、今後の更なる再編についての検討を開始します。また、両社は大阪ガス子会社である日商LPガス株式会社(以下「日商LP」)が保有するLPG販売会社3社の保有全株式をエネクスグループに2017年10月1日付で譲渡することに合意しました。
 
1.背景と目的
 国内のLPG業界は世帯数の減少や他エネルギーとの競争などによる需要の伸び悩みを背景として厳しい経営環境下にあり、事業基盤の拡大とコスト競争力の強化による生産性の向上が急務となっています。こうした状況に鑑み、両社は互いの強みやノウハウを共有し、連携することで、シナジーの発揮や経営資源の集中、および事業再編による効率化が生み出す、より高品質で競争力のある商材やサービスの提供が必要であると判断しました。
 
2.新会社「エネアーク」について
 関東・中部・関西地区のLPG卸売・小売事業強化に向け、両社が50%ずつを出資する合弁会社「エネアーク」を設立します。「エネアーク」は、両社の関東・中部・関西地区のLPG販売会社6社(エネクス傘下の3社:伊藤忠エネクスホームライフ関東株式会社(以下「ホームライフ関東」)、伊藤忠エネクスホームライフ中部株式会社(以下「ホームライフ中部」)、伊藤忠エネクスホームライフ関西株式会社(以下「ホームライフ関西」)、大阪ガス傘下の3社:大阪ガスLPG株式会社(以下「大阪ガスLPG」)、日商ガス販売株式会社(以下「日商ガス販売」)、ダイヤ燃商株式会社(以下「ダイヤ燃商」) )の株式を保有し、今後1年以内に販売会社の地域ごとでの統合を進めます。また、新たな事業パートナーとの提携を行うなど、さらなる成長を目指します。
 
3.関東・中部・関西以外の地域における事業再編について
 日商LPの子会社である日商プロパン石油株式会社(以下「日商プロパン石油」)の保有全株式をエネクスに、愛媛日商プロパン株式会社(以下「愛媛日商」)、高知日商プロパン株式会社(以下「高知日商」)の保有全株式をエネクス子会社である伊藤忠エネクスホームライフ西日本株式会社(以下「ホームライフ西日本」)に2017年10月1日付で譲渡します。
 今後も両社は、より透明性の高い価格や広域ネットワークによる災害時対応、安定供給を実現するLPG事業者として社会に貢献します。また、高品質な生活サービスをお届けするなど、住生活分野で活躍するカンパニーへの変革を目指します。
 
以上
▲ページトップ
 
別紙
1.事業の再編や統合について
 
(1)関東・中部・関西地区
関東・中部・関西地区   
 
(2)関東・中部・関西地区以外
関東・中部・関西地区以外   
 
2.各社の概要について
 
(1)株式会社エネアーク(仮称)
株式会社エネアーク(仮称)  
 
(2)伊藤忠エネクス株式会社
伊藤忠エネクス株式会社  
 
(3)大阪ガス株式会社
大阪ガス株式会社  
 
(4)日商LPガス株式会社
日商LPガス株式会社  
 
(5)伊藤忠エネクスホームライフ関東株式会社
伊藤忠エネクスホームライフ関東株式会社  
 
(6)伊藤忠エネクスホームライフ中部株式会社
伊藤忠エネクスホームライフ中部株式会社  
 
(7)伊藤忠エネクスホームライフ関西株式会社
伊藤忠エネクスホームライフ関西株式会社  
 
(8)伊藤忠エネクスホームライフ西日本株式会社
伊藤忠エネクスホームライフ西日本株式会社  
 
(9)大阪ガスLPG株式会社
大阪ガスLPG株式会社  
 
(10)日商ガス販売株式会社
日商ガス販売株式会社  
 
(11)ダイヤ燃商株式会社
ダイヤ燃商株式会社  
 
(12)日商プロパン石油株式会社
日商プロパン石油株式会社  
 
(13)愛媛日商プロパン株式会社
愛媛日商プロパン株式会社  
 
(14)高知日商プロパン株式会社
高知日商プロパン株式会社  
 
以上

IRニュース 目次ページ

ページトップ

株主・投資家情報

大阪ガスをもっと知る!

  • 事業内容
  • 沿革
  • 大阪ガスグループのCSR

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

このページのトップへ戻る