このページの本文へ移動します。

IRニュース

文字サイズ
  • 文字サイズを小さくする
  • 文字サイズを標準にする
  • 文字サイズを大きくする
印刷
ページを印刷する

LNG燃料タグボートへの燃料供給の検討開始について

2017年5月23日
大阪ガス株式会社

 大阪ガス株式会社(社長:本荘武宏、以下「大阪ガス」)は、株式会社商船三井(社長:池田潤一郎、以下「商船三井」)が開発を決定したLNG(液化天然ガス)燃料タグボート(※1)(以下「本船」)への燃料供給に向けた検討を開始します。
 
 本船は商船三井が船主となり、金川造船株式会社(社長:生駒剛人)が建造を、ヤンマー株式会社(社長:山岡健人) がLNG燃料エンジンの供給を、日本栄船株式会社(社長:大森茂士)が運航をそれぞれ行うもので、2019年4月の大阪湾配備を目指しています。大阪ガスは、本船に対してLNGローリー車を活用して燃料供給を行う予定で、今後具体的な供給方法等について関係行政とも連携しながら検討を進めていきます。なお、船舶へのLNG燃料供給は関西で初めてです。
 
 国際海事機関(IMO)は2016年10月、日本を含む一般海域において2020年から硫黄酸化物(SOX)に対する規制を強化することを決定しました。日本でも国土交通省を中心に、環境性能に優れたLNGを船舶に供給する「LNGバンカリング」の推進に向けた取り組みが本格化しており、今後、船舶用燃料におけるLNGの普及拡大が見込まれています。
 
 大阪ガスでは、本船の開発を機に、LNG燃料供給体制を、商船三井をはじめとする関係者とともに整備することで、船舶へのLNG供給に関するノウハウの修得を進めていきます。
 
 大阪ガスは、今後もクリーンエネルギーである天然ガスの普及拡大を通じて環境負荷の低減に積極的に貢献してまいります。
 
  ※1 タグボート: 大型船や水上構造物が岸壁や桟橋へ離着陸する際に補助を行う小型船
 
<LNG燃料タグボート(イメージ図 金川造船提供)>
LNG燃料タグボート(イメージ図 金川造船提供) 
 
<LNGローリー車による燃料供給(イメージ図)>
<LNGローリー車による燃料供給(イメージ図)> 
 
以上

IRニュース 目次ページ

ページトップ

株主・投資家情報

大阪ガスをもっと知る!

  • 事業内容
  • 沿革
  • 大阪ガスグループのCSR

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

このページのトップへ戻る