このページの本文へ移動します。

IRニュース

文字サイズ
  • 文字サイズを小さくする
  • 文字サイズを標準にする
  • 文字サイズを大きくする
印刷
ページを印刷する

2017年度 大阪ガスグループ経営計画について

2017年3月9日
大阪ガス株式会社

1.2017年度の重点課題
 国内外の経済情勢や油価・為替の変動、電力・ガスの小売全面自由化等、先行き不透明で振れ幅の大きい事業環境が続きますが、当社グループは将来に亘って持続的で力強い成長を実現するための取り組みを進めてまいります。
 具体的には、以下の3つを重点課題として取り組んでまいります。
  (1)   長期経営ビジョン2030・中期経営計画2020の初年度として、目指す姿の実現に向けて確かな一歩を踏み出す
  (2)   電力・ガス小売全面自由化を踏まえ、エネルギー事業のさらなる進化に取り組む
  (3)   環境変化に柔軟に対応できる健康で強靭な事業基盤の確立を目指し、海外を含む成長市場の事業拡大を加速する
 
2.収支計画
 2017年度の、連結売上高は1兆3,445億円、営業利益は665億円、経常利益は640億円、当期純利益は425億円を計画しています。
収支計画 
2017年度の前提:
 
原油価格(全日本CIF価格) 55ドル/バレル
為替レート 115円/ドル
〔2016年度の見込み: 原油価格(全日本CIF価格) 47ドル/バレル、為替レート 109円/ドル〕
▲ページトップ
3.ガス販売量・販売電力量計画
 2017年度は、大阪ガス個別のガス販売量で8,118百万m3(2016年度(見込み)比4.7%減)、販売電力量で10,303百万kWh(2016年度(見込み)比19.3%増)を計画しています。
ガス販売量・販売電力量計画 
 
4.投資計画
 2017年度は、連結で1,680億円の投資を計画しています。
投資計画 
 
以上

IRニュース 目次ページ

ページトップ

株主・投資家情報

大阪ガスをもっと知る!

  • 事業内容
  • 沿革
  • 大阪ガスグループのCSR

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

このページのトップへ戻る