このページの本文へ移動します。

IRニュース

文字サイズ
  • 文字サイズを小さくする
  • 文字サイズを標準にする
  • 文字サイズを大きくする
印刷
ページを印刷する

福島県・相馬港における天然ガス火力発電事業の事業化決定ならびに本事業への新たな事業パートナーの参画について

2016年10月11日
福島ガス発電株式会社
石油資源開発株式会社
三井物産株式会社
大阪ガス株式会社
三菱ガス化学株式会社
北海道電力株式会社

 福島ガス発電株式会社(以下「FGP」)は、本日開催した株主総会において、検討および諸手続きを進めていた福島県・相馬港(福島県相馬郡新地町)における天然ガス火力発電事業(以下「本事業」)の事業化の決定と、FGP設立時の株主である石油資源開発株式会社(以下「JAPEX」)ならびに三井物産株式会社の2社に加え、大阪ガス株式会社、三菱ガス化学株式会社、北海道電力株式会社の3社が新たにFGPに出資し、事業パートナーとして本事業に参画することを決議しましたので、お知らせいたします。
 
 FGPは、電力の安定供給や震災からの復興を目指す福島県浜通り地域の経済の活性化への貢献などを目的に、本事業の実現に向けた検討と環境影響評価法にもとづく諸手続き(以下「環境アセスメント」)を進めています。そしてこのたび、本事業の基盤となる「相馬港天然ガス火力発電所(仮称)」(以下「本発電所」)について、環境アセスメントなどの手続きが終了し次第建設を開始することと、建設に係る事前準備への着手を決定するとともに、発電の燃料となるLNGの調達や発電への知見を持つ3社の参画により、事業推進体制を強化することとなりました。今後はFGPが主体となり、事業パートナー5社とともに、本事業を推進していきます。
 
 本発電所は、天然ガスを燃料とする59万kWのコンバインドサイクル方式発電設備2基で構成されます。また、隣接するJAPEX相馬LNG基地(建設中、2018年3月操業開始予定)敷地内へ、新たな23万キロリットル級地上式LNG貯蔵タンク1基およびLNG気化装置の建設を計画しており、その建設管理と運用、およびLNGの気化と天然ガスの供給を、JAPEXに委託する予定です。今後は、環境アセスメントを引き続き進めるとともに、施工会社との契約などを行い、2017年夏頃を見込む環境アセスメントなどの手続き終了後のすみやかな着工と、2020年春の商業運転開始を目指していきます。
 
 本発電所の計画は、「経済財政運営と改革の基本方針(2014年6月閣議決定)」に盛り込まれた、「福島・国際研究産業都市(イノベーション・コースト)構想」(以下「本構想」)において、「新たなエネルギーの創出(環境負荷の低いエネルギーの導入)」プロジェクトに位置づけられています。本構想が目指す、福島県浜通り地域の産業基盤の再構築、新たなまちづくりなどへも、貢献していきます。
 
 本発電所の概要、および新たな事業パートナーとその出資比率を含む本日時点のFGPの会社概要については、別紙を参照ください。
 
 FGPならびに事業パートナー5社は、電力全面自由化やCO2排出削減などの市場環境の変化を踏まえ、低廉で環境負荷の低い電力の安定供給と、発電所周辺地域の経済や産業の発展への貢献を目指して、本事業を進めてまいります。
 
 
以上
▲ページトップ
【別紙】
 
1. 相馬港天然ガス火力発電所(仮称) 概要
  相馬港天然ガス火力発電所(仮称) 概要 
   
 
相馬港天然ガス火力発電所(仮称) 完成イメージ鳥瞰図     建設予定地広域地図 
相馬港天然ガス火力発電所(仮称) 完成イメージ鳥瞰図   建設予定地広域地図
   
2. 会社概要(2016年10月11日現在)
   会社概要(2016年10月11日現在) 

IRニュース 目次ページ

ページトップ

株主・投資家情報

大阪ガスをもっと知る!

  • 事業内容
  • 沿革
  • 大阪ガスグループのCSR

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

このページのトップへ戻る