このページの本文へ移動します。

IRニュース

文字サイズ
  • 文字サイズを小さくする
  • 文字サイズを標準にする
  • 文字サイズを大きくする
印刷
ページを印刷する

視認性を高めた作業服への移行について 〜30年ぶりのデザイン一新〜

2015年7月2日
大阪ガス株式会社

 大阪ガス株式会社(社長:本荘 武宏)は、周囲の通行車両や従業員の事故防止・安全性向上などを目的に作業服の仕様変更を行い、7月13日より順次、視認性を高めた新作業服に移行します。全現場の作業服デザインを一新するのは30年ぶりとなります。
 
 新作業服は、高蛍光色を使用することで昼間の視認性向上を、反射材を使用することで、夜間の視認性を向上させる作業服となります。昼夜を通して周囲からの視認性が高まり、周囲の通行車両や従業員の事故防止・安全性向上を図ります。
 新作業服は、道路上や夜間の作業が多い部署で使用するもの(高視認タイプ)とその他の部署で使用するもの(中視認タイプ)と、作業の危険度に合わせて2種類を準備します。また、女性も快適に着用できるよう男女の体形差に配慮し、ブルゾン・パンツともに女性専用の型紙を使用しました。
 なお、新作業服は、高通気性素材を使用することで、夏場の熱中症対策を図るほか、ストレッチ素材を採用することで作業性の向上も図ります。
 
 当社は本年10月19日に創業110年を迎えます。エネルギー事業者としての責務を果たし、お客さまや社会のご期待にお応えしてまいります。
 
 ※ 現在の作業服は1985年に採用したものです。緊急保安要員の作業服は2005年に採用したものです。
 
1. 新作業服への移行時期
   2015年7月13日〜2016年1月末を目途に順次移行を実施
   
2. 新作業服の外観
   別紙を確認ください。
 
以上
▲ページトップ
 
(別紙) 新作業服の外観
新作業服の外観 

IRニュース 目次ページ

ページトップ

株主・投資家情報

大阪ガスをもっと知る!

  • 事業内容
  • 沿革
  • 大阪ガスグループのCSR

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

このページのトップへ戻る