このページの本文へ移動します。

IRニュース

文字サイズ
  • 文字サイズを小さくする
  • 文字サイズを標準にする
  • 文字サイズを大きくする
印刷
ページを印刷する

新造LNG船(7番船)の命名について

2014年10月2日
大阪ガス株式会社
大阪ガスインターナショナルトランスポート株式会社

 大阪ガス株式会社(社長:尾崎 裕)は、三菱重工業株式会社(社長:宮永 俊一)が建造し大阪ガスインターナショナルトランスポート株式会社(社長:近本 茂)と株式会社商船三井(社長:武藤 光一)が共同保有するLNG船(三菱重工業第2295番船)を、「LNG VENUS」(エルエヌジー ヴィーナス)と10月2日に命名いたしました。
 
 英語で「金星」を意味するヴィーナスは、「明けの明星」、「宵の明星」でも知られるとおり、天球上ひときわ明るく輝く吉星とされており、当社のエネルギービジネスの未来を明るく照らすことを願って命名いたしました。
 
 「LNG VENUS」は、4基ある球形タンクを船体と一体構造のカバーで覆う「さやえんどう」型の船型を採用し、軽量化をはかるとともに、航行中の風圧による抵抗を軽減することなどにより、従来船の20%以上の燃費低減が期待できます。
 
 本船は当社が保有する第7番目のLNG船となり、既に契約済みのプロジェクトに、新たに輸送を開始するパプアニューギニア等のプロジェクトを含め、幅広くLNG輸送に活用していく予定です。当社は今後とも、より一層安定的かつ効率的なLNG輸送に取り組み、経済的な原料調達に努めてまいります。
 
外観イメージ
  外観イメージ 
   
新造LNG船の概要
 
(1) 全長   288.0m
(2)   48.94m
(3) 満載喫水   11.55m
(4) LNGタンク   モス独立球形ストレッチタンク方式
(連続タンクカバー付)
(5) 総トン数   138,000t
(6) タンク容量   153,000m3
LNGタンク総容積155,000m3のうち実際にLNG積載が可能な容量
(7) 航海速力   19.5ノット
(8) 就航予定   2014年11月
(9) 建造造船所   三菱重工業株式会社 長崎造船所
(10) 船舶管理会社   株式会社商船三井
   
各社の概要
  大阪ガス株式会社
 
所在地 大阪市中央区平野町4-1-2
社長 尾崎 裕
   
  大阪ガスインターナショナルトランスポート株式会社
 
所在地 大阪市中央区平野町4-1-2
社長 近本 茂
   
  株式会社商船三井
 
所在地 東京都港区虎ノ門2-1-1
社長 武藤 光一
   
  三菱重工業株式会社
 
所在地 東京都港区港南2-16-5
社長 宮永 俊一
   
大阪ガスグループが関与するLNG船団
  大阪ガスグループが関与するLNG船団 
 
 
以上

IRニュース 目次ページ

ページトップ

株主・投資家情報

大阪ガスをもっと知る!

  • 事業内容
  • 沿革
  • 大阪ガスグループのCSR

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

このページのトップへ戻る