このページの本文へ移動します。

IRニュース

文字サイズ
  • 文字サイズを小さくする
  • 文字サイズを標準にする
  • 文字サイズを大きくする
印刷
ページを印刷する

関西電力 相生発電所1、3号機における天然ガスの利用および供給の合意について

2014年3月26日
関西電力株式会社
大阪ガス株式会社

 関西電力株式会社(以下、関西電力)は、相生発電所1、3号機(定格出力各37.5万kW)の燃料について、平成28年度から、現行の重油、原油に加えて、より安価で環境性に優れる天然ガスを利用することとしました。
 また、大阪ガス株式会社(以下、大阪ガス)は、今後、運用を開始する『姫路・岡山ライン』を通じて、平成28年度から、同発電所へ天然ガスを供給することとしました。
 
 両社は、従来から、同じ関西地域のエネルギー事業者として、お客さまのニーズにお応えできるよう、相互に競争する一方、天然ガスの導入や地域開発の分野において、協調して事業を展開してきました。本件はその一環として協議を重ねてきた結果、合意に至ったものです。
 
 関西電力は、今後も引き続き、火力発電の高度利用に向け、発電所の高効率化や、燃料調達の柔軟性・経済性のさらなる向上に取り組んでまいります。
 
 大阪ガスは、天然ガスのさらなる普及拡大や効率的なエネルギー利用のご提案を通じて、より安定的かつ経済的なエネルギー供給の実現に取り組んでまいります。
 
 
以上
 
別紙:相生発電所および姫路・岡山ラインの概要
▲ページトップ
  別紙  
相生発電所および姫路・岡山ラインの概要
 
<相生発電所の概要>
  所在地:兵庫県相生市相生字柳山5315−46
  各プラントの概要:
    各プラントの概要 
   
※1: 供給安定性をより高めることができることから、天然ガス利用開始以降も、重油、原油を利用できる仕様とします。
 
<姫路・岡山ラインの概要>
  姫路・岡山ラインの概要 
 
※2: ガバナステーション
ガスの圧力調整および供給遮断を行うための設備を設置している施設
 
<姫路・岡山ラインと相生発電所の位置関係>
  姫路・岡山ラインと相生発電所の位置関係 
 
相生発電所での天然ガス利用に必要となる新設導管、ボイラ等の一部改造等の工事を平成28年度の運用開始に向けて実施する。

IRニュース 目次ページ

ページトップ

株主・投資家情報

大阪ガスをもっと知る!

  • 事業内容
  • 沿革
  • 大阪ガスグループのCSR

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

このページのトップへ戻る