このページの本文へ移動します。

IRニュース

文字サイズ
  • 文字サイズを小さくする
  • 文字サイズを標準にする
  • 文字サイズを大きくする
印刷
ページを印刷する

大阪ガスグループ 中期経営計画「Catalyze Our Dreams」

2014年3月13日
大阪ガス株式会社

 大阪ガス株式会社(社長:尾崎 裕)は、このたび、長期経営ビジョンを実現するための、2014(平成26)年度から2016(平成28)年度までの3ヵ年を対象とする中期経営計画である「Catalyze Our Dreams」を策定しました。
 
1. 「Catalyze Our Dreams」の考え方
   長期経営ビジョン「Field of Dreams 2020」で示した(1)ビジネスフィールドの拡大と、(2)強靭な事業ポートフォリオの確立の実現に向け、経営環境の変化を踏まえ、取り組みを加速いたします。
 これからの3年間で、今後の電力・ガスシステム改革を見据えた「総合エネルギー事業」への進化を加速し、電力、海外エネルギー、材料ソリューションなど成長が期待される領域での事業拡大を進めていきます。これらの取り組みにより、競争力を高め、今後の経営環境の変化に対応していきます。
   
2. 「Catalyze Our Dreams」における重点テーマ
   「めざす姿」を実現するために、「近畿圏エネルギー事業の強化」「事業エリアの拡大」「新しい『事業の柱』の確立」に取り組んでまいります。
   
 
(1) 近畿圏エネルギー事業の強化
   大阪ガスグループのコアビジネスである近畿圏におけるエネルギー事業については、お客さまに選び続けていただくため、エネルギーを中心にお客さまの多様なご要望にお応えする「総合エネルギー事業」への進化に向けた取り組みを進めてまいります。
   
(2) エネルギー事業のエリア拡大
   大阪ガスグループの持つ事業ノウハウを活用して国内外におけるエネルギービジネスの拡大を実現して参ります。
   
(3) 次なる「事業の柱」の確立
   海外におけるエネルギー事業や、ライフ&ビジネスソリューション事業において、大阪ガスグループの持つ強みを活かし、成長市場での事業拡大に挑戦してまいります。
   
3. 経営目標
  グループの各事業を成長させるとともに、経営目標として以下の項目を掲げます。
  経営目標 
   ROA=当期純利益÷総資産、ROE=当期純利益÷自己資本
   
  【参考】連結売上高、連結総資産
  【参考】連結売上高、連結総資産 
 
 当社グループは、国内外の様々なフィールドでチャレンジを続け、従業員とともに成長し、本ビジョン・計画の実現を通じて、地球環境や、お客さまの快適な暮らしとビジネスの発展に貢献していきます。
 
 
以上
 
大阪ガスグループ 中期経営計画「Catalyze Our Dreams」の詳細は、添付資料をご覧ください。

別途資料はこちら (4387KB)

IRニュース 目次ページ

ページトップ

株主・投資家情報

大阪ガスをもっと知る!

  • 事業内容
  • 沿革
  • 大阪ガスグループのCSR

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

このページのトップへ戻る