このページの本文へ移動します。

IRニュース

文字サイズ
  • 文字サイズを小さくする
  • 文字サイズを標準にする
  • 文字サイズを大きくする
印刷
ページを印刷する

米国フリーポートLNGプロジェクトへの出資参画について

2014年2月27日
大阪ガス株式会社
中部電力株式会社

 大阪ガス株式会社(社長:尾崎裕、所在地:大阪市中央区)および中部電力株式会社(社長:水野明久、所在地:名古屋市東区)は、米国テキサス州のフリーポートLNGプロジェクトにおける液化事業に出資参画することを決定いたしましたのでお知らせします。
 
 フリーポート社(本社:米国テキサス州ヒューストン)は、同社が保有・運営するフリーポートLNG受入基地において、液化設備を3系列(1系列あたり年間約440万トンの液化設備容量)建設することを計画しており、そのうち第1・第2系列については、米国連邦エネルギー規制委員会からの建設許可の取得等を経て、2014年下半期の最終投資決定および着工を目指しております。
 
 大阪ガスおよび中部電力は、両社が液化加工契約を締結している第1系列の建設主体であるフリーポート子会社(以下、「第1系列液化会社」)の持分を同系列の最終投資決定を経てそれぞれ25%ずつ取得し、建設期間(約4年間)を通して各社約6億米ドル(約600億円)を出資する予定です。なお、大阪ガスおよび中部電力は、出資に際して、独立行政法人日本貿易保険と海外投資保険の活用について協議を進めております。また、融資に関しては、我が国公的機関の支援活用も含め、協議を行っております。
 
 今回の出資により、大阪ガスおよび中部電力は、プロジェクトの建設・操業に直接参画し、プロジェクトを確実に立ち上げるとともに、LNGビジネスの拡大を図ることができると考えております。
 
 両社は本プロジェクトからのLNG調達を含め、今後とも供給ソースの分散化および価格指標の多様化を図っていくとともに、仕向地制限のないLNGの導入を推進することにより、安定的かつ競争力のあるLNG調達を目指してまいります。
▲ページトップ
フリーポートLNGプロジェクトの概要
所在地 米国テキサス州フリーポート市
稼動開始 2018年(予定)
液化設備能力 約440万トン/年×3系列
       
フリーポート社の概要
会社名 フリーポートLNGデベロップメント社
所在地 米国テキサス州ヒューストン市
出資者 フリーポートLNGインベストメンツ(27.5%)、ザクリー・ヘイスティングス子会社(55%)、ダウ・ケミカル子会社(7.5%)、大阪ガス子会社(10%)
       
第1系列液化会社の概要
会社名 FLNGリクイファクション社
所在地 米国テキサス州ヒューストン市
出資者 フリーポート社子会社(100%<大阪ガス、中部電力出資前>)
       
プロジェクトスキーム図
プロジェクトスキーム図
 
 
以上
▲ページトップ
(参考)
フリーポートLNGプロジェクトに関するスケジュール
  フリーポートLNGプロジェクトに関するスケジュール
   
フリーポートLNG基地所在地
  フリーポートLNG基地所在地
   
フリーポートLNG基地
 
既設LNG受入基地
既設LNG受入基地
  輸出基地完成イメージ図
輸出基地完成イメージ図

IRニュース 目次ページ

ページトップ

株主・投資家情報

大阪ガスをもっと知る!

  • 事業内容
  • 沿革
  • 大阪ガスグループのCSR

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

このページのトップへ戻る