このページの本文へ移動します。

IRニュース

文字サイズ
  • 文字サイズを小さくする
  • 文字サイズを標準にする
  • 文字サイズを大きくする
印刷
ページを印刷する

「三重・滋賀ライン」の開通について

2014年1月30日
大阪ガス株式会社
中部電力株式会社

 大阪ガス株式会社(代表取締役社長:尾崎裕、以下「大阪ガス」)と中部電力株式会社(代表取締役社長:水野明久、以下「中部電力」)が共同で建設を進めてまいりました、「三重・滋賀ライン」が、本日全線開通しましたのでお知らせします。
 
 「三重・滋賀ライン」とは、中部電力の四日市火力発電所と大阪ガスの多賀ガバナステーションを結ぶ、全長約60kmの天然ガスパイプラインです。
 
 大阪ガスと中部電力は、2004年9月の両社合意(2004年9月28日お知らせ済み)以降、大阪ガスは2005年9月に、中部電力は2006年5月に、各々の建設・所有する区間の設備について着工し、本日まで開通にむけての作業を進めてまいりました。
 
 「三重・滋賀ライン」の開通により、大阪ガスは、「滋賀ライン」と「三重・滋賀ライン」を連結することで、中部電力からもガスを受けることが可能となり、都市ガスの供給信頼度の向上が図れます。
 
 一方、中部電力は、発電用の天然ガスを緊急的に必要とする場合において、大阪ガスから天然ガスを受けることが可能となり、バックアップ体制が整備されるため、電力の供給信頼度が向上することとなります。
 
 大阪ガスと中部電力は、今後とも、公益事業者としての視点に立ち、エネルギー供給の安定、保安の確保、サービスの向上に努め、お客さま、株主さま、地域社会の信頼にお応えしてまいります。
 
別紙:「三重・滋賀ライン」の概要
 
 
以上
▲ページトップ
別紙
 
「三重・滋賀ライン」の概要
 
三重・滋賀ライン周辺の主要設備
  三重・滋賀ライン周辺の主要設備
   
三重・滋賀ライン設備概要
  三重・滋賀ライン設備概要

IRニュース 目次ページ

ページトップ

株主・投資家情報

大阪ガスをもっと知る!

  • 事業内容
  • 沿革
  • 大阪ガスグループのCSR

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

このページのトップへ戻る