このページの本文へ移動します。

プレスリリース

オージス総研とさくら情報システムは、東京で2番目となるデータセンターを開業します 〜東京でのデータセンタービジネスを一層強化〜

印刷する

2013年5月15日
株式会社オージス総研
さくら情報システム株式会社

 大阪ガスグループの株式会社オージス総研(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:平山 輝、以下「オージス総研」)と、さくら情報システム株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:入江 昭彦、以下「さくら情報システム」)は共同で、2013年7月1日より、東京23区内にデータセンターを開業します。
 
 オージス総研グループでは、オージス総研が大阪に2拠点(大阪第1、大阪第2)、さくら情報システムが東京に1拠点(東京第1)の、合計3拠点4,000m2のデータセンターを所有しています。オージス総研は公益企業を中心に、さくら情報システムは銀行・金融系企業を中心に、豊富な運用実績があります。更に従来、両社が東京・大阪の企業向けに相互にセンター運用を行うなど、データセンター事業の連携を実施しています。このたび、データセンター需要の更なる高まりを見据え、東京で2番目となる「東京第2データセンター」の開業を決定しました。
 
 現在、企業活動においては情報通信技術の利用が拡大され、それらを取り巻く環境も大きく変化しています。同時に、クラウド化の進展や、東日本大震災を契機とした災害時の事業継続計画(以下、BCP)や機密情報漏えい対策のためにもデータセンターの需要は高まりを見せています。オージス総研グループとしても、企業のIT環境に安心・安全を提供すべく、データセンタービジネスの更なる強化に取り組んでいます。
 
 「東京第2データセンター」は、基礎免震構造を採用し、無停電電源装置と自家発電装置を備え、安定した電源を供給する災害に強いデータセンターです。また、東京23区内の好立地で、複数路線から徒歩圏内でアクセスが可能なため、機器のメンテナンスや機器搬入時にも便利です。更に、既存の大阪データセンターと東京データセンター間をシームレスに接続することで、昨今高まる企業のBCP確保のニーズに対して、オージス総研グループのソリューション提案力を発揮し、既存のクラウドサービスなどと組み合わせて柔軟にDR*1サイト構築を支援していきます。
 
 オージス総研とさくら情報システムは、今回の共同開設に伴い、運用体制の共通化や相互バックアップなどの連携を強化していきます。また、これまでの構築・運用保守の実績を活かし、東京第2データセンターにおいても、構築から運用保守までお客さまニーズにワンストップでお応えすることで、システム管理や運用に要するコスト軽減・災害対策・事業継続を強力に支援していきます。更に、専任営業を配置するなど営業体制の強化を行います。本計画により、オージス総研グループのデータセンタービジネスにおいて、5年後20億円の売り上げを目指します。
 
 
*1 DR(Disaster Recovery):自然災害などで被害を受けたシステムを復旧・修復すること。
▲ページトップ
 
◆ 東京第2データセンターについて
<概要>
開設 2013年7月1日
所在地 東京都北区
構造 鉄骨造(ブレース付きラーメン構造)、免震構造
規模 約500m2、217ラック
床耐荷重 1,500kg/m2
受電方式 特別高圧受電66,000V 本線・予備線方式
非常用発電 ディーゼルエンジン(48時間以上無給連続運転)
消化設備 窒素ガス消火設備、超高感度煙探知装置
 
<特徴>
  (1) 災害に強い
   
-   東京湾から約10km離れており、水害リスクが低い
-   N値*260以上の強固な地盤の上に立地
*2地盤の強度を表す指標、一般的にN値30〜50で高層建築物の建築が可能
-   基礎免震構造を採用し、冗長化された無停電電源装置と自家発電装置により安定した電源を供給
     
  (2) 利便性
   
-   東京23区内の好立地。複数路線から徒歩圏内でアクセス可能な都市型のデータセンターで、機器のメンテナンスや機器搬入時のアクセスにも便利
     
  (3) コストパフォーマンス
   
-   高密度電力、高荷重対応ラックを採用し、従来のデータセンターと比べ、優れたコストパフォーマンスを実現
     
  (4) 柔軟な運用サービス
   
-   東京第1データセンターや大阪市内の第1・第2データセンターと一体的に連携することで、監視・保守・運用からセキュリティ対策までの24時間365日サービスを提供
▲ページトップ
 
◆オージス総研について
<会社概要>
本社所在地 大阪市西区千代崎3丁目南2番37号
設立 1983年6月
事業内容 大阪ガス株式会社およびグループ会社の基幹システムの開発から運用までを一貫して提供するとともに、オブジェクト指向開発やUML(統一モデリング言語)の分野における日本のパイオニア企業としての一面を持つ独立系ソリューションプロバイダです。持続可能なITシステムを目指す「百年アーキテクチャ」など、企業に新しいビジョンを提供し、現在は、中国・東南アジアを中心としたグローバル市場にも積極的に展開しています。
URL http://www.ogis-ri.co.jp/別ウィンドウが開きます
 
◆さくら情報システムについて
<会社概要>
本社所在地 東京都港区白金1丁目17番3号  NBFプラチナタワー
設立 1972年11月
事業内容 三井住友銀行およびグループ会社の基幹システムを支え、幅広いお客様にハイレベルなサービスを提供してまいりました。豊かな経験から培ったノウハウ、技術、信頼を基に、会計・金融・HRA・セキュリティ・コソーシング(システム運用・アウトソーシング)の5つの強みを軸に、お客様の課題解決をトータルにサポートしています。
URL http://www.sakura-is.co.jp別ウィンドウが開きます
 
 
・本ニュースリリースに記載の会社名・商品名は各社の登録商標または商標です。
お問い合わせ先
  <株式会社オージス総研>
  営業本部 営業企画部
  Tel (06)6871-8054 Fax (06)6712-8085
  E-Mail: info@ogis-ri.co.jp
  URL: http://www.ogis-ri.co.jp/別ウィンドウが開きます
   
  <さくら情報システム株式会社>
  営業本部 営業企画部
  Tel (03)6757-7211 Fax (03)6757-7694
  E-mail: solution1@sakura-is.co.jp
  URL: http://www.sakura-is.co.jp別ウィンドウが開きます
 
 
以上

ページトップ

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

お問い合わせ

プレスリリースの内容に関するお問い合わせや取材等のお申し込みは、リリースに記載のお問い合わせ先、またはお問い合わせフォームからお願いいたします。

RSSについて
  • ※推奨環境:Internet Explorer 7以上、Firefox2.0以上

購読する

このページのトップへ戻る