このページの本文へ移動します。

IRニュース

文字サイズ
  • 文字サイズを小さくする
  • 文字サイズを標準にする
  • 文字サイズを大きくする
印刷
ページを印刷する

2013年度大阪ガスグループ経営計画について

2013年3月12日
大阪ガス株式会社

1.2013年度の重点課題
 2013年度は、(1)日本経済・世界経済の回復傾向が見られる中で、成長市場を見つけ積極的に事業拡大に取り組んでいく年、(2)天然ガスへの高い期待にお応えし、一方でガス事業制度改革の影響に注視しつつ、エネルギー事業のさらなる進化に取り組む年と位置付け、以下の4つを重点課題と位置づけてまいります。
  1. お客さま・社会のニーズにお応えしたエネルギー事業の進化
  2. 海外エネルギー事業の更なる飛躍
  3. 多様なグループ企業の成長による収益の拡大
  4. 持続的な成長を支える経営基盤の強化
 
2.収支計画
 2013年度は、連結の売上高は1兆5,080億円、営業利益は1,000億円、経常利益は1,000億円、当期純利益は645億円を計画しています。
収支計画
▲ページトップ
3.ガス・電力販売量計画
 2013年度は、大阪ガス個別のガス販売量で8,559百万m3(2012年度(見込み)比0.5%増)、電力販売量で8,136百万kWh(2012年度(見込み)比3.2%増)を計画しています。
ガス・電力販売量計画
4.投資計画
 2013年度は、連結では1,820億円の投資を計画しています。
なお、大阪ガス個別の設備投資は636億円の計画です。
投資計画
▲ページトップ
5.2013〜2017年度 供給計画
(1)ガス需要見通し
 2013年度以降は、天然ガスコージェネレーションやガス空調機器の導入、燃料転換など、工業用を中心とした天然ガスシフトの進展による需要増加を見込み、2017年度のガス販売量は8,977百万m3となる計画です。この間の5年間の年平均伸び率は1.1%です。
ガス需要見通し
 
 なお、当社の供給区域内における新設工事件数は、以下のように年間約8万件から10万件の水準で推移するものと見込んでいます。年度末のお客さま数(取付メーター数)は、2017年度末には約725万件となる見込みです。
供給区域内における新設工事件数
▲ページトップ
(2)原料購入計画
 需要の増加に対して安定的な供給を確保するため、LNGおよびLPGの確実な調達に努めます。2017年度には、LNGの購入量は749万t、LPGの購入量は19万tとなる計画です。
原料購入計画
 
(3)設備投資計画
 将来の需要増に対応した供給能力の向上と安定供給体制の確保を目的とした三重・滋賀ラインおよび供給区域外に存在する工業用需要等へのガス供給を目的とした姫路・岡山ラインの建設等をはじめとする供給設備や、地震・津波等の災害を想定した製造・供給設備での対策工事などへの投資を中心に、2013年度から2017年度の累計設備投資額は、2,692億円となる計画です。
設備投資計画
 
主要製造設備計画
 
主要導管計画
 
 
以上

別添資料はこちら (1596KB)

IRニュース 目次ページ

ページトップ

株主・投資家情報

大阪ガスをもっと知る!

  • 事業内容
  • 沿革
  • 大阪ガスグループのCSR

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

このページのトップへ戻る