このページの本文へ移動します。

IRニュース

文字サイズ
  • 文字サイズを小さくする
  • 文字サイズを標準にする
  • 文字サイズを大きくする
印刷
ページを印刷する

シンガポールにおける産業用天然ガス販売事業への参画について

2013年3月11日
大阪ガス株式会社

 大阪ガス株式会社(社長:尾崎 裕、以下、「大阪ガス」)とシティガス社(社長、黄 )は、シンガポールの産業用市場で天然ガス販売事業を共同で行うことに合意し、シティガス社が新たに設立した産業用天然ガス販売会社(以下「共同ガス販売会社」)の株式売買契約を昨日、締結しました。
 シンガポールでの天然ガス販売事業への参画は、当社にとって初の海外におけるガス販売事業となります。
 
 当社とシティガス社は、昨年4月に基本合意書(Heads of Agreement)を締結し、シンガポールの産業用市場における天然ガス需要の開発などを目的とする合弁会社の設立について、共同で検討してまいりました。
 このたび、シティガス社が既存のお客さまの契約も含めて共同ガス販売会社に産業用天然ガス事業を譲渡することなどの事業内容について合意に至ったため、シティガス社が新たに設立した共同ガス販売会社の株式を、当社が49%取得(取得額 約30億円)する株式売買契約※1を締結いたしました。
 ※1株式の当社への移転は、共同ガス販売会社のガス販売業ライセンス取得が条件
 
 共同ガス販売会社は、当社のコージェネ・工業炉に関する技術力をベースとしたエネルギーソリューションノウハウとシティガス社の持つ天然ガス販売事業インフラを活用し、化学業・食品業のお客さまを中心に産業用市場での天然ガスの需要開発から販売までを行います。また、排熱の有効活用・高効率バーナーの利用などにより天然ガスの高度利用を促進いたします。
 
 当社は、本件を契機として長期経営ビジョン・中期経営計画「Field of Dreams 2020」の方針に従って、東南アジアを中心に当社のエネルギーソリューションノウハウを活かした事業の拡大を図ってまいります。
▲ページトップ
共同ガス販売会社の概要
  ・所在地   シンガポール
  ・株主   City Gas Pte Ltd 51% Osaka Gas Singapore Pte Ltd※2 49%
  ・設立   2013年3月
  ・事業   シンガポール国内産業用顧客への天然ガスの販売
      ※2 シンガポールにおける大阪ガスの100 %持ち株会社
 
シティガス社の概要
  ・会社名   City Gas Pte Ltd
  ・所在地   シンガポール
  ・株主   City Spring Infrastructure Management Pte Ltd 100%
  ・設立   2002年1月(前身Singapore Gas Companyによるガス供給開始は1861年)
  ・事業   シンガポール国内におけるタウンガスの製造およびタウンガス・天然ガスの小売
  ・顧客数   約65万戸
  ・販売量   約1.7億m3(家庭用・業務用 約1.3億m3、産業用 約0.4億m3
 
 
以上

IRニュース 目次ページ

ページトップ

株主・投資家情報

大阪ガスをもっと知る!

  • 事業内容
  • 沿革
  • 大阪ガスグループのCSR

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

このページのトップへ戻る