このページの本文へ移動します。

生活情報

知って得する入浴法−秋編−ミストサウナ入浴で、ぐっすり快眠!!

印刷する

2010年11月
大阪ガス株式会社

NO.10−04
 
 寝苦しかった夏に比べ、朝晩の気温が下がり、過ごしやすい季節となりました。秋の夜長を楽しむあまり目が冴えて寝付きが悪くなったり、また、夜更かしをして目覚めが悪くなったりすることはありませんか?
 
 このたび、当社のエネルギー技術研究所は、独立行政法人産業技術総合研究所と財団法人大阪バイオサイエンス研究所※1の協力を得て、ミストサウナ入浴※2の睡眠への影響調査を実施しました。その結果、10日連続でミストサウナ入浴を行った場合と通常入浴の場合を比べると、ミストサウナ入浴の方が眠りの深さを示す脳波のデルタ波パワー値※3が高くなり、また、実験者の申告から、就寝時に体が温かく感じられることを確認しました。就寝前のミストサウナ入浴は、就寝前の運動と同程度の身体の加熱効果があるため、深い眠りをもたらした※4可能性があると考えられます。
 今回の実験結果は、人間−生活環境系学会主催の「第34回人間-生活環境系シンポジウム(2010/11/27〜28、新潟市)」で発表しました。
 
【実験結果】
(1)脳波のデルタ波パワー値(眠りの深さの指標。値が大きいほど眠りが深い)
 
a)デルタ波パワー値(第1周期) 実験日別 b)全実験日の平均値
a)デルタ波パワー値(第1周期) 実験日別 b)全実験日の平均値
 
 ミストサウナ入浴では、デルタ波パワー値(第1周期)の実験日別平均で、初日を除く9日間の内8日で通常入浴よりも高い値を示し、全実験日の平均(右)では、統計的に有意※5に大きくなった。
 
(2)就寝時の温冷感と目覚めの感覚
 
a)就寝時の温冷感 b)目覚めの感覚(最後の3日間の解析)
a)就寝時の温冷感 b)目覚めの感覚(最後の3日間の解析)
 
ミストサウナ入浴では通常入浴より、「就寝時の温冷感」では高く(暖かく)なり、「目覚めの感覚」も良くなった(ただし、この項目は「実験最後の3日間の解析」)。
 
【実験方法】
 
<被験者>
健常成人10名
  (平均年齢39.4±14.1歳、男性3名、女性7名、平均睡眠時間6.5±0.77時間)
 
<実験期間および場所>
平成22年2月〜3月、被験者の自宅において入浴。期間中、ミストサウナ入浴および通常入浴を連続して10日間ずつ実施して頂き、各被験者につき計20日間のデータを取得した。体調不良やデータの欠損が見られる場合はサンプルから除外し、それぞれ10日間分のデータが揃うまで実験日を追加した。また、順序による影響を回避するため、ミストサウナ入浴が先のグループ(平均年齢40.4歳±12.68、男女比1:4)と通常入浴が先のグループ(平均年齢38.4歳±16.85、男女比2:3)の2群に分けて実施した。
両入浴条件とも就寝前の1〜2時間前に入浴することのみ依頼し、その他の制限などは与えなかった。実験では、飲酒等を統制することも必要ではあるが、今回、日常の生活習慣を変えることによるストレスを避けることを優先し、統制は最小限とした。
 
<計測項目>
脳波(携帯型簡易脳波計※6
被験者申告(アンケート票を作成)
脳波(携帯型簡易脳波計) 被験者申告(アンケート票を作成)
 
<入浴条件>
ミストサウナ入浴(室温40℃、10分間)
通常入浴(湯温40℃、10分間)
 
 
※1 文部科学省研究振興局ライフサイエンス課所管の公益法人。所在地:大阪府吹田市
   
※2 温風と霧状のミストで、高温・低湿度のドライサウナに比べて浴室内を高湿度(約100%)・低室温(約40℃)の身体に負担の少ない低温のサウナ状態にして、全身にミストを浴びる入浴のこと。「発汗」、「保温」、「保湿」効果が得られます。
   
※3 デルタ波は1~4Hzの周波数の脳波で、そのパワー値は熟睡度や眠りの深さの指標。睡眠中ではノンレム深睡眠時(脳も体も睡眠している状態)にみられ、パワー値が大きいほど眠りが深いことを示します。
   
※4 就寝約2時間半前に軽い運動か入浴により体温を0.5℃上昇させることで睡眠が改善するという足利工業大学小林敏孝教授の研究(平成13年6月28日第26回日本睡眠学会発表)に基づきました。
   
※5 統計的有意差とは、ある影響が偶然によって生じないことを統計的に示されたことを意味します。本研究では、有意水準5%を使用しました。これは、その影響が単なる偶然により生ずる可能性が1/20であることを意味します。
   
※6 財団法人大阪バイオサイエンス研究所が開発した携帯型簡易脳波計を用いました。額と耳裏の2点に電極を装着し脳波を計測する機器で、小型かつ軽量で可搬性が高いとともに、装着が簡単なため、従来実験室での計測が主流であった脳波計測を自宅で可能としたものです。
 
以上

ページトップ

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

お問い合わせ

プレスリリースの内容に関するお問い合わせや取材等のお申し込みは、リリースに記載のお問い合わせ先、またはお問い合わせフォームからお願いいたします。

RSSについて
  • ※推奨環境:Internet Explorer 7以上、Firefox2.0以上

購読する

このページのトップへ戻る