このページの本文へ移動します。

IRニュース

文字サイズ
  • 文字サイズを小さくする
  • 文字サイズを標準にする
  • 文字サイズを大きくする
印刷
ページを印刷する

泉北天然ガス発電株式会社の増資およびオマーン・カルハットLNG社からの出資受け入れについて

2009年11月13日
大阪ガス株式会社

 大阪ガス株式会社(社長:尾崎 裕)は、泉北天然ガス発電所(大阪府堺市・高石市)にて発電・電力供給を行うことを目的に設立した泉北天然ガス発電株式会社(社長:牧野 真)の事業運営基盤の強化のため、平成21年12月に増資を行います。増資に際し、オマーン国の液化天然ガス(LNG)の生産・販売会社であるカルハットLNG社(Qalhat LNG S.A.O.C)から出資を受け入れることについて、同社との間で合意し、本日、必要な手続きが完了いたしました。
 当社では、平成16年6月にカルハットLNG社と液化天然ガスの売買契約を締結し、平成18年5月には、子会社である大阪ガスオーストラリア社(社長:多田 進一)を通してカルハットLNG社の株式の一部を取得しております。今回のカルハットLNG社からの泉北天然ガス発電株式会社への出資受け入れは、カルハットLNG社と当社グループの連携をより強固なものとするとともに、オマーン国との友好関係を更に深めるものです。
 当社は今後ともLNGの経済的かつ安定的な調達に努めていくとともに、電力も含めたマルチエネルギー事業を推進し、大阪ガスグループの長期経営ビジョン・中期経営計画「Field of Dreams 2020」で掲げているグローバルなエネルギー・環境企業グループへの発展を目指してまいります。
 
 
泉北天然ガス発電株式会社の概要
 
所 在 地  :  大阪府大阪市中央区平野町4丁目1番2号
設立時期  :  平成20年11月4日
社  長  :  牧野 真
資本金等(注)  :  40億円(資本金20億円、資本準備金20億円)
株主構成(注)  :  大阪ガス株式会社(90%)、カルハットLNG社(10%)
事業内容  :  泉北天然ガス発電所の発電および電力供給等
 (注):資本金等および株主構成は、増資後の数字
   
カルハットLNG社(Qalhat LNG S.A.O.C)の概要
 
所 在 地  :  オマーン国マスカット市
代 表 者  :  ハリブ・アル・キタニ(社長兼CEO)
株主構成  :  オマーン政府(46.84%)、オマーンLNG社(36.8%)、ユニオン・フェノッサ・ガス社(スペイン)(7.36%)、伊藤忠商事株式会社(3%)、三菱商事株式会社(3%)、大阪ガスオーストラリア社(3%)
    大阪ガスの100%子会社
   
  <カルハットLNGプロジェクト(位置図)>
  カルハットLNGプロジェクト(位置図)
   
当社の概要
 
会 社 名   大阪ガス株式会社
所 在 地   大阪市中央区平野町4丁目1番2号
設立時期   明治30年4月10日
社  長   尾崎 裕
資 本 金   1,322億円
 
 
以  上
▲ページトップ
  別紙  
 
1. 泉北天然ガス発電所の概要
 
(1)発電方式   ガスタービンコンバインドサイクル発電方式
(2)発電出力   1,109,000 kW (大気温度5℃、発電端出力)
     1号機:277,000 kW
     2号機:277,000 kW
     3号機:277,500 kW
     4号機:277,500 kW
(3)使用燃料   天然ガス
(4)設置場所   大阪ガス泉北製造所第二工場内
    大阪府高石市高砂三丁目1番地(1・2号機)
    大阪ガス泉北製造所第一工場内
    大阪府堺市西区築港浜寺町4番地(3・4号機)
(5)設備所有   泉北天然ガス発電株式会社
   
2. これまでの経緯
 
平成14年 5月    :  事業化調査を開始
平成18年 2月 10日  :  環境影響評価書を届出
  2月 28日  :  環境影響評価書に係る確定通知を受領
  10月 2日  :  建設工事開始
平成21年 4月 1日  :  2号機 運転開始
  5月 1日  :  1号機 運転開始
  10月 1日  :  4号機 運転開始
  11月 1日  :  3号機 運転開始

IRニュース 目次ページ

ページトップ

株主・投資家情報

大阪ガスをもっと知る!

  • 事業内容
  • 沿革
  • 大阪ガスグループのCSR

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

このページのトップへ戻る