このページの本文へ移動します。

プレスリリース

業務委託先所有パソコンからの一部個人情報を含む業務情報の流出について

印刷する

2009年10月23日
大阪ガス株式会社

 大阪ガス株式会社(社長:尾崎 裕)は、10月21日に当社業務情報がShareネットワーク上に流出していることを確認いたしました。調査の結果、当社の業務委託先が所有するパソコンから、10月19日以降に個人情報11件を含む当社の業務情報が流出していたことがわかりました。
 関係する皆さまに大変ご迷惑、ご心配をおかけすることになりましたことを心からお詫び申し上げます。
 
 本件は、当社の業務委託先である美樹工業株式会社(所在地:兵庫県姫路市)の従業員(1名)が、同社所有のパソコンを自宅で私的に使用している際、ウィルスに感染しパソコン内の情報が流出したものです。流出した情報には、当社の委託業務に関連するガス工事関連資料などが含まれており、そのガス工事関連資料の一部にお名前・ご住所の個人情報11件が含まれていました。
 
 当社は従来から、当社の業務委託先に対して、業務情報の外部への持ち出しの管理や、Shareやウィニー等のファイル共有ソフトのインストールの禁止、パソコンの社外持ち出しの禁止を要請し、また、委託業務に関する情報管理の監査を行うなど業務委託先に対しての情報管理の指導に努めてまいりました。このような事態が発生したことを重く受け止め、委託先における情報管理の徹底を再指導し、再発防止に努めてまいります。
 
以  上

ページトップ

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

お問い合わせ

プレスリリースの内容に関するお問い合わせや取材等のお申し込みは、リリースに記載のお問い合わせ先、またはお問い合わせフォームからお願いいたします。

RSSについて
  • ※推奨環境:Internet Explorer 7以上、Firefox2.0以上

購読する

このページのトップへ戻る