このページの本文へ移動します。

プレスリリース

太陽熱を活用して冷暖房を行う「業務用ソーラー空調システム」の実証試験を開始しました

印刷する

2009年6月25日
大阪ガス株式会社

 大阪ガス株式会社(社長:尾崎 裕)は、低炭素社会の実現に向け、再生可能エネルギーの太陽熱を有効活用し、夏は冷房、冬は暖房を行う「業務用ソーラー空調システム」(以下、本システム)の実用化を進めるため、当社事業所内での実証試験を6月から開始しました。
 
 近年、地球温暖化防止対策として、CO2排出量の削減が求められるなか、太陽熱・バイオマスなどの再生可能エネルギーの活用に注目が集まっています。また、省エネ法の改正により、エネルギー管理の単位が、従来の工場や事業所単位から企業単位へと変更されたことで、空調システムをはじめとする省エネルギー性の高い設備がより一層求められています。
 
 本システムは、太陽熱を効率良く集めて温水に変換する太陽熱集熱器と、コージェネレーションシステムの排熱利用機器として開発された排熱投入型ガス吸収冷温水機「ジェネリンク」で構成されます。本システムでは、太陽熱から変換された温水を、夏場はジェネリンクの熱源として利用し冷水を作り出し冷房を行い、冬場は温水を直接暖房に用います。熱源として太陽熱を優先的に活用するため、省エネルギー性の高い冷暖房が実現できます。
 
 実証試験に用いるシステムは、当社の導管技術センター(大阪市此花区酉島、延床面積3,029m2 、3階建て、以下、本センター)の屋上に設置しています。今後約1年間、本センターの冷暖房を行いながら、本システムの省エネルギー性を検証し、最適なエンジニアリングを行うためのデータ・ノウハウの収集・蓄積を行います。なお、本システムの実証試験では、本センターの冷暖房に用いる一次エネルギー消費量を約20%、CO2排出量も同程度削減できると見込んでいます。
 
 当社では、この実証試験により「業務用ソーラー空調システム」の実用化を進め、平成21年度下期の商品化を目指してまいります。
 
<実証システムの特長>
1. 高効率太陽熱集熱器
  60〜70%と高い集熱効率が期待できる三種類の太陽熱集熱器を採用しています。太陽熱集熱器の総面積は204m2で、日射量がピークのときには、130kW相当の熱量を得ることができます。また、温水温度は80〜90℃まで昇温できます。本実証試験では、各集熱器の集熱効率等の検証を行います。
   
2. ジェネリンク(排熱投入型ガス吸収冷温水機)の採用
  温水を冷水に変換する装置として、コージェネレーションシステムの排熱利用機器として開発された排熱投入型ガス吸収冷温水機「ジェネリンク」(COP1.4(JIS基準))を採用しています。夏場、本機に太陽熱から得た温水を熱源として投入し、太陽熱の不足時はガスで追焚を行い、冷水を作り出し冷房を行います。本システムでは太陽熱を優先的に活用するため一次エネルギー消費量を抑えた冷房が実現できます。また、空調負荷が小さいときは、太陽熱だけで運転を行うことが可能です。
   
3. システム全体の省エネルギー制御
  補機動力の削減や放熱ロスの低減を行うため、日射量・温水温度・ジェネリンクの運転状態をモニターしながら集熱ポンプ・熱源水ポンプを制御することで、システム全体の省エネルギーを図っています。実証試験ではシステム全体の省エネルギー性の評価を行います。
 
<実証システムの仕様>
実証システムの仕様
 
<実証システムフロー(概略)>
実証システムフロー(概略)
 
以  上
 
  本件に関するお問い合わせ  
    大阪ガス エネルギー技術部 業務用空調技術チーム 電話06(6465)2052  

ページトップ

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

お問い合わせ

プレスリリースの内容に関するお問い合わせや取材等のお申し込みは、リリースに記載のお問い合わせ先、またはお問い合わせフォームからお願いいたします。

RSSについて
  • ※推奨環境:Internet Explorer 7以上、Firefox2.0以上

購読する

このページのトップへ戻る