このページの本文へ移動します。

プレスリリース

大阪ガスグループにおける環境月間の取り組みについて

印刷する

2009年5月29日
大阪ガス株式会社

 大阪ガス株式会社(社長:尾崎 裕)は、環境保全はエネルギー事業を核とする企業グループとしてきわめて重要な使命であると考え、「大阪ガスグループCSR憲章」でも「環境との調和と持続可能な社会への貢献」とうたっています。これを踏まえ、6月から始まる環境月間におきまして、大阪ガスグループでは様々な取り組みを行います。
 
 主な取り組みとしては、環境問題を考えるシンポジウムの開催や社員の環境意識向上につながる取り組み、環境啓発活動の強化、ライトダウンキャンペーンへの参加などをいたします。概要は以下の通りです。
環境シンポジウムの開催
  昨年度より京都議定書の約束期間に入ったこともあり、地球温暖化問題に関する関心はますます高まっています。そのようななか、6月5日(金)に有識者の方々から「エネルギー・地球温暖化問題を巡る内外情勢とわが国の課題」をテーマに講演いただき、その現状と課題に関してお話いただきます。
環境啓発活動の強化
  地域行政による環境展などのイベントへの出展のほか、年間を通した重点活動である小中学生を主な対象とした環境に関する教育活動に継続して取り組みます。具体的には、従来からの重点活動である出張授業「エネルギー環境教育」のオリジナル教材に新たなプログラムを追加しました。また、従来から食に関する啓発活動に取り組んでまいりましたが、本年より環境面の視点も入れて「食」を学ぶ「なぜ?なに?食育Book」の配布を開始し、食の視点からの環境啓発活動を強化しています。
社員の環境意識向上に関する取り組み
  当社グループの社員が、それぞれの家庭における省エネルギー行動を把握するとともに自らの環境行動への意識をさらに高めるため、一昨年より省エネルギー行動診断を実施しています。関係会社が開発した独自のeラーニングシステムを用いて、全員参加を目指し浸透を図っていきます。
「CO2削減/ライトダウンキャンペーン」への参加
  地球温暖化防止への気づきにつなげるため環境省が呼びかけている「CO2削減/ライトダウンキャンペーン」に参加いたします。当社の主要事業所において、6月21日(日)、7月7日(火)の午後8時から10時まで、屋上社名ライトアップやショーウィンドウなどを消灯する「ブラックイルミネーション2009」*を実施いたします。
   また、各事業所におきましても、清掃活動や社員に対する啓発活動に取り組みます。それぞれの取り組みの詳細は別紙をご参照ください。
 
* 「チーム・マイナス6%」が毎年夏至の日を中心に展開している『CO2削減/ライトダウンキャンペーン』のシンボルイベントのこと。
 
 今後も大阪ガスグループは、環境保全活動や啓発活動をより充実し、更なる環境負荷低減および環境との調和に努めるなど企業の社会的責任を全ういたします。
 
  お問い合わせ:  
    大阪ガス株式会社 環境部企画チーム   :電話06(6205)4605  
 
以  上

詳細はこちらへ・・・ (136KB)

ページトップ

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

お問い合わせ

プレスリリースの内容に関するお問い合わせや取材等のお申し込みは、リリースに記載のお問い合わせ先、またはお問い合わせフォームからお願いいたします。

RSSについて
  • ※推奨環境:Internet Explorer 7以上、Firefox2.0以上

購読する

このページのトップへ戻る