このページの本文へ移動します。

IRニュース

文字サイズ
  • 文字サイズを小さくする
  • 文字サイズを標準にする
  • 文字サイズを大きくする
印刷
ページを印刷する

役員体制の見直しについて

2009年5月19日
大阪ガス株式会社

 大阪ガス株式会社(社長:尾崎 裕)は、これまで、経営の健全性・効率性の一層の向上を目指して、社外取締役の選任や執行役員制度の導入をはじめとする経営体制の改革に取り組んでまいりました。このたび当社は、取締役会の監督機能、および業務執行機能のより一層の強化を図るため、役員体制の見直しを実施いたします。
 
 概要は、以下のとおりです。
  役付取締役を会長および社長のみとし、取締役会は代表取締役と取締役により構成されるものといたします。
  執行役員は、社長執行役員と副社長執行役員を新たに設け、社長執行役員、副社長執行役員、常務執行役員、執行役員の構成といたします。
  取締役会による業務執行にかかる意思決定を確実かつ効率的に実施するため、代表取締役と取締役の一部が執行役員を兼務いたします。
 
 以上について、平成21年6月26日に開催する予定の第191回定時株主総会および直後の取締役会を経て実施いたします。
 
以  上

IRニュース 目次ページ

ページトップ

株主・投資家情報

大阪ガスをもっと知る!

  • 事業内容
  • 沿革
  • 大阪ガスグループのCSR

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

このページのトップへ戻る