このページの本文へ移動します。

IRニュース

文字サイズ
  • 文字サイズを小さくする
  • 文字サイズを標準にする
  • 文字サイズを大きくする
印刷
ページを印刷する

「三重・滋賀ライン」の開通予定時期の変更について

2009年4月28日
大阪ガス株式会社
中部電力株式会社

 大阪ガス株式会社(社長:尾崎 裕)と中部電力株式会社(社長:三田 敏雄)は、平成16年9月に天然ガスパイプライン(三重・滋賀ライン)を共同で敷設することを決定し(平成16年9月28日プレス発表済)、平成22年の開通にむけて建設を進めてまいりましたが、開通予定時期を平成26年に変更いたします。
 これは、大阪ガスが施工するトンネル(三重県いなべ市−滋賀県犬上郡多賀町間の山岳トンネル)のうち、「三重側山岳トンネル」の一部で湧水が発生したため、同区間のルート変更を行うことによるものです。なお、三重・滋賀ラインの概要は以下のとおりです。
 
1.目的:  両社の取り扱う天然ガスの安定的かつ効率的な供給体制の確立
 
(1)大阪ガス 本パイプラインと滋賀ライン(滋賀県草津市〜犬上郡多賀町)の連結による、都市ガス供給エリア内の供給安定性と供給能力の一層の向上
(2)中部電力 本パイプラインを通じた大阪ガスからの天然ガスバックアップ体制の整備により、発電設備のより柔軟な運用を実現し、電力の供給信頼度を向上
2.区間: 
中部電力・ 四日市火力発電所(三重県四日市市) 〜
  大阪ガス・多賀ガバナステーション(滋賀県犬上郡多賀町)
3.仕様:  設計圧力7MPa、口径600mm
4.延長:  約65km
 
 両社は、今後とも公益事業者としての視点に立ち、エネルギー供給の安定、保安の確保、サービスの向上に努め、お客さま、株主さま、地域社会の信頼にお応えしてまいります。
 
以  上
▲ページトップ
<ご参考>
 
■三重・滋賀ライン周辺の主要設備
三重・滋賀ライン周辺の主要設備

IRニュース 目次ページ

ページトップ

株主・投資家情報

大阪ガスをもっと知る!

  • 事業内容
  • 沿革
  • 大阪ガスグループのCSR

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

このページのトップへ戻る