このページの本文へ移動します。

IRニュース

文字サイズ
  • 文字サイズを小さくする
  • 文字サイズを標準にする
  • 文字サイズを大きくする
印刷
ページを印刷する

大阪ガスグループ 長期経営ビジョン・中期経営計画「Field of Dreams 2020」

2009年3月13日
大阪ガス株式会社

 大阪ガス株式会社(社長:尾崎 裕)は、このたび、長期的な視点でグループの事業構造の変革にチャレンジしていくため、2020(平成32)年を見据えた長期経営ビジョン、および、そのビジョンを実現するための2009(平成21)年度から2013(平成25)年度までの5ヵ年を対象とする中期経営計画である「Field of Dreams 2020」を策定しました。
 
1.大阪ガスグループの決意
 当社グループは、天然ガスを中心としたエネルギー事業を通じて100年を超えて培ってきた多彩で豊富な事業基盤、人材、技術、ノウハウを活かしながら、お客さまと時代が求める先進的な価値の創造に向けて絶えざる挑戦を続け、環境にやさしい快適な暮らしとビジネスソリューションを提供し、国内外のフィールドで持続的に発展・成長し続けます。
 
2.大阪ガスグループが目指す2020年のあり姿
 全てのステークホルダーから選ばれ続ける質の高い経営を実践し、2020年には、「国内エネルギーサービス事業」「海外エネルギーバリューチェーン事業」「環境・非エネルギー事業」の3つの事業領域を柱に、グローバルなエネルギー・環境企業グループとして力強く発展することを目指します。
大阪ガスグループが目指す2020年のあり姿
 
3.2020年のあり姿を実現するための取り組み
 グローバルなエネルギー・環境企業グループとして力強く発展するために、「ビジネスフィールドの拡大」と「強靭な事業構造の確立」に取り組んでいきます。
 
(1)ビジネスフィールドの拡大
 「既存事業の深化」と「新規事業分野・拠点の拡大」により、事業の厚みと広がりの双方にビジネスフィールドを拡大していきます。ビジネスフィールド拡大のため2009年度から2020年度の12年間で総額1.5兆円の投資を進め、当社グループ全体が、力強く発展していくことを目指します。
ビジネスフィールドの拡大
 
(2)強靭な事業構造の確立
 「国内エネルギーサービス事業」「海外エネルギーバリューチェーン事業」「環境・非エネルギー事業」の3つの事業領域間のシナジー発揮を追求し、各事業を成長させることで、リスクの分散を図り、グループ総合力を最大化して、強靭な事業構造を確立していきます。
強靭な事業構造の確立
 
4.長期経営目標
 長期経営目標としては、以下の項目を掲げます。
長期経営目標
 
 当社グループは、国内外の様々なフィールドでチャレンジを続け、従業員とともに成長し、本ビジョン・計画の実現を通じて、地球環境や、お客さまの快適な暮らしとビジネスの発展に貢献していきます。
 
 
以  上
 
「大阪ガスグループ 長期経営ビジョン・中期経営計画 Field of Dreams 2020」の詳細は添付資料をご覧ください。

詳細は別添資料はこちら (1,666KB)

IRニュース 目次ページ

ページトップ

株主・投資家情報

大阪ガスをもっと知る!

  • 事業内容
  • 沿革
  • 大阪ガスグループのCSR

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

このページのトップへ戻る