このページの本文へ移動します。

IRニュース

文字サイズ
  • 文字サイズを小さくする
  • 文字サイズを標準にする
  • 文字サイズを大きくする
印刷
ページを印刷する

平成21年1月〜平成22年3月の小口規制ガス料金に対する特別供給条件の認可について

2008年10月31日
大阪ガス株式会社

大阪ガス株式会社(社長:尾崎 裕)は、本日、ガス事業法第 20条ただし書の規定に基づき、特別供給条件の認可申請を経済産業大臣に行い、同日、申請どおり認可を受けましたのでお知らせいたします。

認可を受けた特別供給条件の内容は、平成 211月〜3月検針分の小口規制ガス料金における単位料金調整額から 2.51/m3 (税込み)引き下げ、本措置によるガス料金引き下げ相当額を平成 214月〜平成 223月検針分までの1年間のガス料金に加算するものです。

<主な認可事項>

1.平成211月〜 3月検針分に対する単位料金調整額から以下の単価を引き下げ

適用約款

引き下げ額

( 税込み)

一般ガス供給約款および家庭用選択約款 (*1)

2.51/m3

家庭用以外の選択約款 (*2)

2.51/m3

 

2.平成214月〜平成 223月検針分に対する単位料金調整額から以下の単価を加算

適用約款

加算額

( 税込み)

一般ガス供給約款および家庭用選択約款 (*1)

0.99/m3

家庭用以外の選択約款 (*2)

0.60/m3



      
(*1) 家庭用選択約款

家庭用コージェネレーションシステム契約、家庭用空調契約、家庭用ガス温水床暖房契約、

家庭用高効率給湯器契約、集合住宅向けコージェネレーションシステム契約

(*2) 家庭用以外の選択約款

小型空調契約、空調夏期契約、空調用A契約、空調用B契約、時間帯別A契約、時間帯別B契約、

時間帯別C契約、コージェネレーションシステムA契約、コージェネレーションシステムB契約、

コージェネレーションシステムC契約、稼働率別コージェネレーションシステム契約、輸送向け圧縮

天然ガス用A契約、輸送向け圧縮天然ガス用B契約、業務用季節別契約、ガス灯契約

 

以 上

    平成21年1〜3月の小口規制ガス料金における激変緩和措置について

 

IRニュース 目次ページ

ページトップ

株主・投資家情報

大阪ガスをもっと知る!

  • 事業内容
  • 沿革
  • 大阪ガスグループのCSR

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

このページのトップへ戻る