このページの本文へ移動します。

プレスリリース

ガス発電・給湯暖冷房システム「ECOWILL(エコウィル)」の累計販売台数が5万台を突破しました

印刷する

2008年9月18日
大阪ガス株式会社

 大阪ガス株式会社(社長:尾崎 裕)は、平成15年3月にガス発電・給湯暖冷房システム「ECOWILL」を発売し、戸建住宅へのご提案をすすめてまいりましたが、平成20年8月末に累計販売台数がガス業界で初めて5万台を突破し、50,687台となりました。これは、従来システム※1と比較してCO2排出量を年間約43,000t-CO2※2(杉の木のCO2吸収量※3に換算すると、約300万本の植林に相当)削減する効果があります。
 
 「ECOWILL」は、クリーンな天然ガスで発電し、電力を家庭内で使用するとともに、発電時に発生した排熱を有効に活用して、給湯や温水式床暖房、ミストサウナ機能付浴室暖房乾燥機等に利用するエネルギー効率の高い家庭用ガスエンジンコージェネレーションシステムです。平成15年3月の発売以来、環境性※4、経済性※5、快適性を高くご評価いただいており、発売以降も発電効率や設置性の向上に努めてまいりました。
 
 また、地球環境にさらに配慮したエネルギーシステムとして、「ECOWILL」と太陽光発電を組み合わせた「W(ダブル)発電システム」のご提案をすすめており、1,000件以上のお客さまにご採用頂いています。
 
 当社は、今後も発電効率や設置性など商品性の向上に努め、「ECOWILL」の更なる普及を促進し、家庭での環境負荷軽減に貢献してまいります。
 
  ※1   電気は火力発電所から供給し、熱は当社が供給する天然ガスを熱源とする給湯暖房機などから供給する方式。
  ※2   ECOWILL年間運転時間を2,000時間と想定し、発電1kwhあたりのCO2削減量をもとに算出。
  ※3   13.9kg- CO2/本・年(「林業白書」平成9年より 50年杉の場合)
  ※4   従来システムと比較して1次エネルギー消費量約22%削減、CO2排出量約32%削減。
  ※5   従来システムと比較してランニングコストを年間約46,000円削減。
(戸建住宅、延床面積:150m2、4人家族での当社試算)
     
<従来システム> 一般料金適用。所有機器:ガスふろ給湯器/ガスコンロ/ガスファンヒーター
< エコウィル > エコウィル料金(オプション割引9%)適用。所有機器:エコウィル/ガスコンロ/温水式床暖房/ミストサウナ機能付浴室暖房乾燥機
 
本件のお問合せ先
  グッドライフコール(0120−000−555) 【受付:平日8:00〜20:00、日・祝日9:00〜17:30】
以  上
 
【 ECOWILL 設置イメージ(136−C040型) 】
ECOWILL 設置イメージ(136−C040型)

詳細資料についてはこちらをご覧下さい。 (16KB)

ページトップ

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

お問い合わせ

プレスリリースの内容に関するお問い合わせや取材等のお申し込みは、リリースに記載のお問い合わせ先、またはお問い合わせフォームからお願いいたします。

RSSについて
  • ※推奨環境:Internet Explorer 7以上、Firefox2.0以上

購読する

このページのトップへ戻る