このページの本文へ移動します。

プレスリリース

業界最多 24種類のグリル自動調理ができるSiセンサーコンロ「クラスSプレミア」を発売します

印刷する

2008年7月23日
大阪ガス株式会社

 大阪ガス株式会社(社長:尾崎 裕)は、株式会社ハーマンプロ(社長:西端雄二)と共同で、業界最多※124種類の自動調理ができる「グリルオートメニュー機能」を搭載し、デザインも一新したSiセンサーコンロ「クラスSプレミア」を開発しました。平成20年10月1日に発売します。
 
 近年、ライフスタイルの変化に伴ってご家庭での調理時間は短縮傾向にあり、おいしい料理を、簡単・スピーディに作りたいというニーズが高まりつつあります。
 
 このたび、当社は、ガスコンロの持つ直火調理の特性を活かして、グリルで24種類の自動調理ができる「グリルオートメニュー機能」を本商品に搭載しました。
 これまでのガスコンロのラインアップの中でグリルメニュー数は、魚焼き3種類とピザなどのメニュー4種類の計7種類が最多でした。今回、魚焼き3種類に加え、スペアリブ、朝食用のモーニングセット※2、やきいも、スイートポテトなどグリルでおいしく調理できる18種類のアラカルトメニューと、揚げものなどをおいしく再加熱する3種類のあたためメニューが加わり、新製品のグリルメニュー数は、業界最多の24種類になりました。
 これにより、魚焼きから本格的なグリル調理までメニューの幅が広がるとともに、自動調理ができることで、忙しい毎日の料理づくりも省力化できます。
 
 また、コンロバーナーの点消火スイッチには初めて「お知らせリング」を搭載しました。この「お知らせリング」は、点消火スイッチに搭載したリングによる光で、点火するコンロのスイッチ位置や、点火消火の状態を表示するので、今まで以上に使いやすく、安心感も向上しました。
 ごとくは、美しく耐久性の高いステンレスごとくと、お手入れ性が向上した新開発の「コーティングホーローごとく」の2つのタイプがあります。
 
  ※1   一般に市販されている家庭用のコンロ(ガス・電気含む)において (平成20年7月23日現在)
  ※2   トースト+ウインナー+野菜2品の同時調理
 
 今回発売するSiセンサーコンロ「クラスSプレミア」の価格は以下のとおりです。
 
Siセンサーコンロ「クラスSプレミア」価格表
 いずれの商品も天板は、ガラストップの74cmワイドタイプです。
 
 
 本商品の特長は以下のとおりです。
1. 業界最多 24種類の自動調理ができる「グリルオートメニュー機能」を搭載し、おいしくヘルシーなグリル調理が簡単にできるようになりました。
2. コンロの状態がひとめでわかる「お知らせリング」で、より安心してお使いいただけるようになりました。
3. 新開発の「コーティングホーローごとく」を採用して、焦げ付き汚れなどが取れやすくなり、お手入れ性が向上しました。
 
 本商品の年間目標販売台数は1,500台です。
 Siセンサーコンロにはすべてのバーナーにセンサーが搭載されており、安心・安全※3にお使いいただけます。さらに、当社では、Siセンサーコンロの便利機能を活かして簡単においしい料理ができる「センサークッキング※4」をご提案しています。
 当社は、今後もお客さまのニーズにお応えできるSiセンサーコンロを開発し、豊かな食生活の実現に向けて貢献してまいります。
 
  ※3   (1)天ぷら油過熱防止装置、(2)立消え安全装置、(3)消し忘れ消火機能を全機種・全バーナーに、
(4)早切れ防止機能を全機種に搭載 (業務用のガスコンロ、据置型一口コンロは除く)
  ※4   自動で炊飯をしたり、フライパンや鍋の温度を一定に保って焦げ付かせることなくおいしく焼き上げたりするセンサーを活用した直火の調理スタイル。「センサークッキング」は大阪ガスの登録商標です。
 
クラスSプレミア(110−H822型)の本体写真
 
クラスSプレミア(110−H822型)の本体写真
 
本件のお問合せ先
  グッドライフコール 電話0120−000−555
  【 受付:平日8:00〜20:00、日・祝日9:00〜17:30 】
 
以  上
▲ページトップ
【 別紙 】
商品の特長の詳細
 
1. 業界最多 24種類の自動調理ができる「グリルオートメニュー機能」を搭載し、おいしくヘルシーなグリル調理が簡単にできるようになりました。
 
 今回、新たに搭載した「グリルオートメニュー機能」は、魚やアラカルトなどのメニューを選ぶだけで、火加減と焼き時間を自動的に調節します。温度センサーでグリル庫内の温度を監視しながら、焼きあがれば音声でお知らせして自動で消火します。
 調理の合間に、焼き上がり状態を何度も確認する必要や、焼きすぎなどの調理の失敗もありません。消し忘れの心配もなくなりました。
 また、あたためメニューを使っていただくと、冷めた揚げものなども、表面をカリッと、内部をジューシーに、おいしくあたため直します。
 18種類のアラカルトメニューの選定にあたっては、95名のお客さまモニターの方にご協力いただき、実際の自宅での調理結果をもとに決定しました。
グリル写真
モニター画面
アラカルトメニュー選択中画面
 また、「クリーンモード」をお使いいただくと、ガスの高温加熱で庫内の気になる臭いが低減します。
 
※グリルオートメニューの種類

(3種類)
切身、姿焼、干物
アラカルト
(18種類)
ローストビーフ、ローストポーク、スペアリブ、鶏もも肉、焼き鳥、ウインナー
焼きいも、焼きナス、ホイル焼き、焼きイカ、ゆで卵、厚揚げ、焼きおにぎり
トースト、ピザ、焼きりんご、スイートポテト、モーニングセット
 ※トースト+ウインナー+野菜2品の同時調理
あたため
(3種類)
揚げもの、焼き魚、焼き鳥
 
2. コンロの状態がひとめでわかる「お知らせリング」で、より安心してお使いいただけるようになりました。
 
 コンロバーナーの点消火スイッチに、初めて「お知らせリング」を搭載しました。
 この「お知らせリング」は、点消火スイッチに搭載したリングによる光で、点火するコンロのスイッチ位置や、点火消火の状態を表示します。
 また、このお知らせリングは正面からだけでなく、横方向からでも見やすい形状としていますので、キッチンの様々な場所から、点火や消火、タイマー調理の終了など、コンロの状態を確認することができ、今まで以上に使いやすくなっただけでなく、安全性や安心感も向上しました。
 
※お知らせ内容(例)
お知らせ内容(例)
 
3. 新開発の「コーティングホーローごとく」を採用して、焦げ付き汚れなどが取れやすくなり、お手入れ性が向上しました。
 
 ごとくについては、美しく耐久性の高いステンレスごとくと、今回開発したお手入れ性の高いコーティングホーローごとくの2つのタイプを採用しました。
 撥水性コーティングをホーローの表面に処理することで、従来のホーローでは取れにくいごとく表面にこぼれた煮汁などの焦げ付き汚れが取れやすく、ますますお手入れが楽になりました。
 
(お手入れ前) (お手入れ後)
お手入れ前 お手入れ後
コーティングホーローごとく
▲ページトップ
その他の主な仕様
安心安全機能
  鍋なし検知機能「なべルック」(鍋が無いと火がつかない、鍋を上げると火が小さくなる機能)を全コンロバーナーに搭載
  音声お知らせ機能「しゃべルック」(操作内容や設定結果などを音声でお知らせ)
  感震停止機能「ゆれルック」(約震度4の揺れを感知すると自動で消火、停止)
  停電時バックアップ電源(停電時に非常用乾電池のみで数時間の使用が可能)
     
お手入れ性
  天板の枠をガラストップで形成してお手入れ性が優れた「フレーム一体型天板」
     
その他
  大きな字で見やすい天面ホワイトドットマトリクス液晶と、使用中のコンロバーナーを橙色で表示する「点火中お知らせランプ」
  明るくて高級感のあるシルバーストライプと、シックで高級感のあるブラウンチェックの2種類のガラス天板
  フルスライドレール式水なし両面焼きワイドグリル
  別売のダッチオーブンが使えるダッチオーブンモード
  コンロ部、グリル部とも、省エネ法基準達成率100%
 
フレーム一体型天板 天面ホワイトドットマトリクス液晶 点火中お知らせランプ
フレーム一体型天板 天面ホワイトドットマトリクス液晶
点火中お知らせランプ
 
<ご参考>
株式会社ハーマンプロの概要
   
  社  長 西端 雄二
  所在地 大阪市此花区春日出南3−2−10
  設  立 平成13年9月
  資本金 8億円
  事業内容 ガス機器・住設機器の開発・製造・販売
 
■機種別本体写真
 
110−H820型(天板:シルバーストライプ、ごとく:コーティングホーロー)
110−H820型(天板:シルバーストライプ、ごとく:コーティングホーロー)
 
110−H822型(天板:シルバーストライプ、ごとく:ステンレス)
110−H822型(天板:シルバーストライプ、ごとく:ステンレス)
 
110−H824型(天板:ブラウンチェック、ごとく:コーティングホーロー)
110−H824型(天板:ブラウンチェック、ごとく:コーティングホーロー)

詳細資料についてはこちらをご覧下さい。 (14KB)

ページトップ

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

お問い合わせ

プレスリリースの内容に関するお問い合わせや取材等のお申し込みは、リリースに記載のお問い合わせ先、またはお問い合わせフォームからお願いいたします。

RSSについて
  • ※推奨環境:Internet Explorer 7以上、Firefox2.0以上

購読する

このページのトップへ戻る