このページの本文へ移動します。

生活情報

〜今年の夏休みは料理に挑戦〜「脳力アップ!!夏休み親子クッキング」を開講します

印刷する

2008年6月
大阪ガス株式会社

NO.08−02
 
 大阪ガス(株)では、長年にわたり料理講習会等の活動を通じて「マイホームクッキング」を推進してきました。
 その一環として、平成18年には、東北大学加齢医学研究所川島隆太教授と共同研究で、親子クッキングコミュニケーション実験に取り組み、その結果親子クッキングを習慣にすることで、子どもも大人も脳が鍛えられることがわかりました。
 この実験結果を元に、大阪ガスクッキングスクールは、「脳力アップ!!親子クッキング」を平成19年より開始し、多くのお客さまにご好評いただいております。本年の夏休みも、「脳力アップ!!夏休み親子クッキング」を開講します。
 
 本講座は、子どもたち自身が、「料理って楽しい!」という気持ちを持ち、「作りたい!」と思える楽しいメニューとしました。幼い頃に料理に触れ、作ることや盛り付けの楽しさ、食べ物の大切さや食べる事の意味を親子で一緒に考える機会としてお役立ていただければと思います。
 
1. コース名「脳力アップ!!夏休み親子クッキング」
2. 対象 小学生と保護者(保護者1名さまに対しお子さまは2名まで)
3. 開講場所  大阪ガスクッキングスクール 9拠点
    http://www.og-cookingschool.com 脳力アップ!!夏休み親子クッキング風景
4. 開講日・時間 (別紙参照)
5. 講習内容
  (1) 講師による料理実演の後、親子ペアで実習をおこない料理を完成いただきます。
  (2) 講習会費 3,000円/ペア
    (お子さまおひとり追加の場合1,500円アップ)
  (3) メニュー
    ひまわりハンバーグ・南の島のエビピラフ・きらきらぼしのスープ・海色シュワシュワゼリー
6. 応募方法  
    各クッキングスクールに直接お申し込みください。
    (尚、定員に達している場合もありますので、ご了承ください。)
 
 子どもたちが健やかに成長していくためには、適切な運動、調和のとれた食事、十分な休養、睡眠が重要といわれています。現在、子どもの基本的な生活習慣の確立や正しい生活リズムの向上につながる「早ね早おき朝ごはん」が、国民運動として全国展開されています。
 長い夏休みは、朝寝坊したり、朝食を抜いたりして、毎日の生活リズムが乱れたり、食生活が偏ってしまいがちです。
 この講習会に参加されたお客さまには、一日の身体のリズムを整えることができる 朝ごはんの一週間分のレシピや忙しい朝に食事を短時間でつくるポイントを掲載した「朝ごはんレシピ集」をお持ち帰りいただきます。
 当社は、親子で一緒に作った料理を囲む食卓が、家族の深いつながりを育み、コミュニケーションを取る場になると考え、親子クッキングコミュニケーションをご提案していきます。
 
▲ページトップ
< 別紙資料 >
【 開講日程 】 【 親子で作る朝ごはんメニューイメージ 】
スクール 日程 開始時間
淀屋橋 7月19日(土)


7月24日(木)
7月25日(金)
10:00〜
14:00〜
10:00〜
10:00〜
7月23日(水)
7月24日(木)
7月25日(金)
7月26日(土)
10:00〜
古川橋 7月31日(木)
8月1日(金)
10:00〜
神戸 7月28日(月) 10:00〜
京都 7月28日(月)
7月29日(火)
10:00〜
奈良 7月29日(火)
7月30日(水)
7月31日(木)
10:00〜
和歌山 8月18日(月)
8月19日(火)
8月20日(水)
10:00〜
姫路 8月4日(月)
8月5日(火)
8月6日(水)
8月7日(木)
8月8日(金)
10:00〜
滋賀 7月22日(火)
7月24日(木)
10:00〜
・ひまわりハンバーグ
・南の島のエビピラフ
・きらきらぼしのスープ
・海色シュワシュワゼリー


親子で作る朝ごはんメニューイメージ
 
【 早ね早おき朝ごはん運動 】
 平成17年7月から食育基本法が施行され、食育の重要性が一段と高まっている。 早ね早おき朝ごはんシンボルマーク
 現在、「朝食を食べない」「夜ふかしをする」など子どもたちの基本的な生活習慣が乱れ、学習意欲や体力、気力に影響を及ぼしていると指摘されている。
 そこで、地域、学校、家庭が一体となって、子どもの望ましい基本的な生活習慣の育成や正しい生活リズムを向上させ、読書や外遊び・スポーツなど様々な活動にいきいきと取り組んでもらうことを目的に、平成18年4月より国民運動「早寝早起き朝ごはん」運動が全国展開されている。
 コミュニティサイト http://www.hayanehayaoki.jp/

ページトップ

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

お問い合わせ

プレスリリースの内容に関するお問い合わせや取材等のお申し込みは、リリースに記載のお問い合わせ先、またはお問い合わせフォームからお願いいたします。

RSSについて
  • ※推奨環境:Internet Explorer 7以上、Firefox2.0以上

購読する

このページのトップへ戻る