このページの本文へ移動します。

プレスリリース

よりコンパクトになって、経済性もさらに向上した新型ガス発電・給湯暖冷房システム「ECOWILL(エコウィル)」を発売します

印刷する

2008年3月12日
大阪ガス株式会社

 大阪ガス株式会社(社長:芝野博文)は、よりコンパクトになって、経済性もさらに向上した新型のガス発電・給湯暖冷房システム「ECOWILL」を平成20年4月1日から発売します。
 
 本システムは、本田技研工業株式会社(社長:福井威夫)が開発した1kWガスエンジン発電ユニットと、排熱利用給湯暖房ユニットで構成されます。このたび、当社、東京ガス株式会社(社長:鳥原光憲)、東邦ガス株式会社(社長:水野耕太郎)、西部ガス株式会社(社長:小川弘毅)、株式会社ノーリツ(社長:神?茂治)、株式会社長府製作所(社長:川上康男)の共同開発により、排熱利用給湯暖房ユニットをよりコンパクト化、軽量化するとともに、システム効率をアップして経済性を向上させました。
 
 「ECOWILL」は、クリーンな天然ガスで発電し、電力を家庭内で使用するとともに、発電時に発生した排熱を有効に活用して、給湯や温水式床暖房、ミストサウナ機能付浴室暖房乾燥機等に利用するエネルギー効率の高い家庭用ガスエンジンコージェネレーションシステムです。平成15年3月の発売以来、環境性、経済性、快適性を高くご評価いただき、当社の平成20年1月末までの累計販売台数は、44,000台を越えるまでになりました。
 新製品の主な特長は、以下のとおりです。
 
(1) 排熱利用給湯暖房ユニットのコンパクト化により設置性が向上しました。
   排熱利用給湯暖房ユニット内の貯湯タンク及び断熱材の形状、配置方法などを改良することにより、ユニット本体の高さを低減し、コンパクト化と軽量化を実現しました。これにより設置性が向上しました。
 
【外観写真(136−C040型)】
  136−C040型
(長府製作所製)
136−N040型
(ノーリツ製)
現行機 新製品 現行機 新製品
高さ 1700mm 1500mm 1850mm 1694mm
質量 約93kg 約87kg 約101kg 約96kg
【外観写真(136−C040型)】  
   
(2) システム効率がアップし、省エネ性、経済性が向上しました。
   排熱利用給湯暖房ユニット内のポンプ消費動力の低減などにより、システム効率がアップし、省エネ性、経済性が向上しました。従来システムと比較したランニングコストメリットは、年間約46,000円になり、2,000円程度メリットが向上しました。 ※1
  ※1:当社試算値(戸建住宅、延床面積:150m 2、4人家族)
 
<従来システム> 一般料金適用。
  所有機器:ガスふろ給湯器/ガスコンロ/ガスファンヒーター
<エコウィル> エコウィル料金(オプション割引9%)適用。
 
所有機器: エコウィル/ガスコンロ/ガス温水床暖房/
  ミストサウナ機能付きガス温水浴室暖房乾燥機
   
(3) 暖房能力、給湯能力がアップしました。
   暖房能力が14.0kWから17.4kWへと25%アップし、ミストサウナ機能付き浴室暖房乾燥機や温水式床暖房を、さらに快適にご使用いただけます。
   また、補助熱源機※2の給湯能力が24号へと20%アップし、シャワーやお風呂等でいつでもたっぷりのお湯が使えます。
  ※2:急なお湯の利用で万一貯湯タンクのお湯が無くなった場合などに使用
   
(4) 高気密・高断熱住宅や春先・秋口に床暖房を使う際の快適性、省エネ性が向上しました。
   従来よりも、床暖房の温度調節の幅が広がり、高気密・高断熱住宅や春先・秋口に床暖房を使う際の快適性、省エネ性が向上しました。
   
 
 本商品のセット現金標準価格は、現行機と同価格の795,690円(税込)です。
 また、「ECOWILL」に太陽光発電を組み合わせた「W発電システム」も、経済的で地球環境に配慮したエネルギーシステムとして、ご提案をすすめてまいります。
 
 家庭でのCO2排出量削減への取組みが叫ばれるなか、当社は、快適性と環境保全を両立できる「ECOWILL」をさらにお客さまにご提案し、平成20年度の販売目標12,000台を目指します。
 
本件のお問合せ先
  グッドライフコール0120−000−555
  【 受付:平日8:00〜20:00、日・祝日9:00〜17:30 】
 
 
以  上
 
【 ECOWILL 設置イメージ(136−C040型) 】
【 ECOWILL 設置イメージ(136−C040型) 】

詳細資料についてはこちらをご覧下さい。 (20KB)

ページトップ

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

お問い合わせ

プレスリリースの内容に関するお問い合わせや取材等のお申し込みは、リリースに記載のお問い合わせ先、またはお問い合わせフォームからお願いいたします。

RSSについて
  • ※推奨環境:Internet Explorer 7以上、Firefox2.0以上

購読する

このページのトップへ戻る