このページの本文へ移動します。

プレスリリース

ガスコンロの全機種・全バーナーにセンサーを搭載し、「Si(エスアイ)センサーコンロ」としてさらなる安心・便利をお届けします

印刷する

2008年2月4日
大阪ガス株式会社

 大阪ガス株式会社(社長:芝野博文)は、据置型ガスコンロ3タイプ6機種を3月1日に新発売し、これにより当社が販売するガスコンロは、全機種*1、全バーナーにセンサーを搭載し、安全・便利な機能を備えたラインアップとなります。
 また、全バーナーにセンサーを搭載したガスコンロの名称を「Siセンサーコンロ」と関連諸団体*2で統一し、今後広く普及促進をはかっていきます。
 「Siセンサーコンロ」は、安全・便利な機能として、(1)天ぷら油過熱防止装置、(2)立消え安全装置、(3)消し忘れ消火機能を全機種*1・全バーナーに、(4)早切れ防止機能を全機種*1に搭載しています。当社は、「Siセンサーコンロ」により、安全・安心に調理いただくとともに、便利機能を活用した「センサークッキング®*3」で、ご家庭で上手に楽しく調理いただくようご提案してまいります。
  ※1 28タイプ92機種。業務用のガスコンロ、据置型一口コンロは除く。
  ※2 コラボ(日本ガス体エネルギー普及促進協議会)、(社)日本ガス石油機器工業会、キッチン・バス工業会などにより構成。
  ※3 自動で炊飯をしたり、フライパンや鍋の温度を一定に保って焦げ付かせることなくおいしく焼き上げたりするセンサーを活用した直火の調理スタイル。「センサークッキング」は大阪ガスの登録商標です。
 
 当社は、平成16年10月のビルトインコンロ「クラスSプレミア」の発売を機に全バーナーにセンサーを標準搭載した機種を拡充しており、今回の発売により、全機種*1で全バーナーへのセンサーの搭載が完了します。
 
 また、関連諸団体※2は、「あんしん高度化ガス機器普及開発研究会」を発足し、コンロを原因とする火災の根絶に向けた取組みを進めており、本年4月以降に製造するガスコンロ*4は、全バーナーにセンサーを搭載することとしました。また、このガスコンロの名称を「Siセンサーコンロ」と統一し、業界全体で普及促進をはかっていきます。
 なお、平成20年秋には、ガスコンロ全機種*5全バーナーに天ぷら油過熱防止装置、立消え安全装置を搭載することが法令によって義務づけられる予定です。
  ※4 業務用のガスコンロ、据置型一口コンロについては対象除外。
  ※5 据置型一口コンロは立消え安全装置のみ義務づけとなります。
 
 当社は、4月1日から3ヶ月間実施するキャンペーンやお客さまとの接点機会を通じて、「Siセンサーコンロ」の認知拡大とともに、普及促進に向けた取組みを強化していきます。
以  上
 
【Siセンサーコンロの機能】
<標準搭載機能>

機能名称

安心・便利機能





(1)天ぷら油過熱防止装置
「あげルック®*6

天ぷら油が自然発火温度に達するのを防ぐ装置

(2)立消え安全装置
「消えルック®*7

吹きこぼれ等で火が消えた場合、ガスを遮断する装置

(3)消し忘れ消火機能
「うっかりルック®*8

連続使用しているコンロ・グリルに対し一定時間でガスを遮断し、消し忘れを防止する機能

便



(4)早切れ防止機能
(2口又は3口のガスコンロの手前2口に搭載)

鍋底が約250度以上になった場合、消火せず火力調節する機能(炒め物等の調理の際に頻繁に消火することを防ぎ、調理性を確保する機能)

 
<付加機能>





(1)焦げ付き消火機能

鍋底が焦げ付き始めたら、消火して空焚きを防止する機能

(2)鍋なし検知機能

鍋がないと点火しない、使用時に鍋を外すと弱火になる機能

便



(3)油温度調節機能

設定温度を自動で維持する機能

(4)自動炊飯機能

自動で火加減を調節し炊飯する機能

(5)湯沸かし機能

沸騰後、自動消火する機能

 
  ※6 「あげルック」は大阪ガスの登録商標です。
  ※7 「消えルック」は大阪ガスの登録商標です。従来より、「あげルック」と「消えルック」の2つの安全装置を指して「安心センサー」とし、全機種全てのバーナーへの搭載をはかってきました。
  ※8 「うっかりルック」は大阪ガスの登録商標です。
 
【3月1日に発売する据置型コンロの概要】

 

型  番

基本仕様

現金標準価格
(税込)

据置型
コンロ

110−R180型/R181型

天板:フッ素コート
グリル:水なし両面焼

51,000円
(税込53,550円)

110−R190型/R191型

天板:フッ素コート
グリル:水なし片面焼

41,000円
(税込43,050円)

110−R200型/R201型

天板:フッ素コート
グリル:水あり片面焼

35,000円
(税込36,750円)

 
○本件のお問合せ先
  グッドライフコール 0120-000-555
  【受付:平日8:00〜20:00、日・祝日9:00〜17:30】
 
 
【参考資料】
「Siセンサーコンロ」の意味
   「S」はSafety=安心、Support=便利、Smile=笑顔を、「i」はintelligent=賢いという意味を表しており、安心、便利、笑顔を約束する、賢いセンサーを搭載したコンロを「Siセンサーコンロ」とします。
   
Siセンサーコンロのロゴマークとシンボルマーク
Siセンサーコンロのロゴマークとシンボルマーク
   
大阪ガスのガスコンロ全口センサー化の流れ
大阪ガスのガスコンロ全口センサー化の流れ
   
業界自主規制と法令による義務化のスケジュール
業界自主規制と法令による義務化のスケジュール
 
  当社では「調理油過熱防止装置」を「天ぷら油過熱防止装置」と表現しています。
   
天ぷら油過熱防止装置「あげルック®
天ぷら油過熱防止装置「あげルック」
   
コラボ(日本ガス体エネルギー普及促進協議会)、(社)日本ガス石油機器工業会、キッチン・バス工業会の概要

団体名

概  要

コラボ
(日本ガス体
エネルギー普及促進協議会)

・ガス体エネルギーの普及促進を図り、生活・文化の安定・向上、産業・地域の振興・発展、環境の改善等に寄与することを目的に、2005年に発足
・一般ガスの業界団体である(社)日本ガス協会、LPガスの業界団体である日本LPガス団体協議会、簡易ガスの業界団体である(社)日本簡易ガス協会の3団体で構成
・会長:村木茂 東京ガス(株)取締役常務執行役員

(社)日本ガス
石油機器工業会

・ガス・石油機器産業の健全な発展を図り、国民生活文化の向上とわが国産業の発展に寄与することを目的に、1961年に発足
・ガス石油機器及び関連部品の製造及び販売会社、並びに賛助会員143社で構成
・会長:竹下克彦 (株)ノーリツ代表取締役会長

キッチン・バス
工業会

・システムキッチン、システムバス、ステンレス流し台、浴槽、その他の住宅設備機器業界の健全なる発展を図り、国民住生活文化の向上と我国住宅産業の振興に寄与することを目的に1957年に発足
・システムキッチンを中心にキッチンメーカー、キッチン空間に関わりのある住宅設備機器・部材・エネルギー等のメーカー65社で構成
・会長:豊田洋民 サンウエーブ工業(株)代表取締役会長


ページトップ

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

お問い合わせ

プレスリリースの内容に関するお問い合わせや取材等のお申し込みは、リリースに記載のお問い合わせ先、またはお問い合わせフォームからお願いいたします。

RSSについて
  • ※推奨環境:Internet Explorer 7以上、Firefox2.0以上

購読する

このページのトップへ戻る