このページの本文へ移動します。

プレスリリース

米国フリーポートLNG基地事業への参加について

印刷する

2008年1月30日
大阪ガス株式会社

 大阪ガス株式会社(社長:芝野 博文)は、本日の取締役会においてコンタンゴオイルアンドガス社(Contango Oil & Gas Co.)との間で、同社が保有する米国のフリーポートLNG基地事業の全持分譲渡に関する契約を承認しました。これに伴い当社は米国に設立した石油ガス事業会社大阪ガスフリーダムエナジー社(Osaka Gas Freedom Energy Corp.)が100%出資するフリーポートLNG基地事業のための特別目的会社(ターボLNG社(Turbo LNG LLC))を通じて同プロジェクトに10%出資いたします。
 
 現在建設中のフリーポートLNG基地は米国テキサス州南部フリーポート市沿岸に立地しております。LNG受入能力は最大約1300万トン/年で、平成20年6月頃の運転開始を予定しております。コノコフィリップス(ConocoPhillips Company)、ダウケミカル(The Dow Chemical Company)、三菱商事(株)の3社が最大25年間に渡り当基地を使用する契約を締結済みであり、長期に渡る安定した収益が見込まれています。
 
 当社はエネルギービジネスのバリューチェーンにおいて、海外油・ガス田権益、LNG液化事業、LNG輸送事業に参画しております。今回のフリーポートLNG基地事業への投資は、安定的な収益の確保に加えて、今後の急成長が見込まれる米国LNG市場の知見を広め、同国におけるLNG関連分野での事業拡大を図ることを目指しております。
 
<フリーポートLNG基地事業の概要>
所在地 テキサス州南部フリーポート市
出資比率 フリーポートLNGインベストメンツ社45%、シェニエールFLNG社30%、テキサスLNGホールディングス社(ダウケミカル子会社)15%、ターボLNG社10%
受入能力 最大約1300万トン/年
タンク容量 16万立方メートル×2基
運転開始予定 平成20年6月頃
 
 
以  上
 
 
■地図
フリーポートLNG基地
 
■各社の概要
<大阪ガス株式会社>
所在地 大阪府大阪市中央区平野町4-1-2
代表者名 芝野博文
資本金 1,321億円(平成20年1月30日現在)
   
<大阪ガスフリーダムエナジー社>(Osaka Gas Freedom Energy Corp.)
所在地 米国デラウェア州
代表者名 澤田公一
資本金 7,000万米ドル(平成20年2月に増資予定)
株主 大阪ガス株式会社100%
   
<ターボLNG社>(Turbo LNG LLC)
所在地 米国デラウェア州
代表者名 澤田公一
資本金 6,800万米ドル(平成20年2月に増資予定)
株主 大阪ガスフリーダムエナジー社100%
   
<コンタンゴオイルアンドガス社>(Contango Oil & Gas Co.)
所在地 米国テキサス州ヒューストン
代表者名 ケン・ピーク
株主 American Stock Exchange上場
 

ページトップ

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

お問い合わせ

プレスリリースの内容に関するお問い合わせや取材等のお申し込みは、リリースに記載のお問い合わせ先、またはお問い合わせフォームからお願いいたします。

RSSについて
  • ※推奨環境:Internet Explorer 7以上、Firefox2.0以上

購読する

このページのトップへ戻る