このページの本文へ移動します。

プレスリリース

1月24日にガスの最大送出量の記録を更新しました

印刷する

2008年1月25日
大阪ガス株式会社

 大阪ガス株式会社(社長:芝野博文)は、1月24日(木)、1日当たりのガス送出量が3,386万3千m 3となり、過去最大を記録しました。ガス送出量が過去最大を記録したのは今冬期2度目です。
 
 1月24日は、平均気温が4.7℃(大阪管区気象台)と低く、ここ数日の冷え込みで給湯および暖房需要が伸び、また業務用の需要開発が堅調に推移していることも寄与し、最大送出量を更新しました。
 
 これまでの最大送出量は、平成20年1月21日(月)に記録した3,327万m 3[平均気温4.6℃]でした。
 
 当社では、厳冬期にも対応できる万全の製造供給体制で臨んでいます。また、保安の確保にも全力で取り組んでいます。
 
以 上
 
《ご参考》歴代送出量トップ5
  歴 代 記 録 日 送出量(千m3 平均気温(℃)
1 平成20年 1月24日(木) 33,863 4.7
2 平成20年 1月21日(月) 33,270 4.6
3 平成20年 1月22日(火) 33,260 4.5
4 平成18年 2月 6日(月) 33,182 2.5
5 平成20年 1月17日(木) 33,179 4.5
※気温は、大阪管区気象台調べ

ページトップ

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

お問い合わせ

プレスリリースの内容に関するお問い合わせや取材等のお申し込みは、リリースに記載のお問い合わせ先、またはお問い合わせフォームからお願いいたします。

RSSについて
  • ※推奨環境:Internet Explorer 7以上、Firefox2.0以上

購読する

このページのトップへ戻る