このページの本文へ移動します。

プレスリリース

『屋外据置型ガスふろ給湯器』の自主的な点検および部品交換作業の実施について

印刷する

2007年6月8日
大阪ガス株式会社

 大阪ガス株式会社(社長:芝野博文)は、株式会社ノーリツ(社長:神茂治)が製造し、当社が販売した「屋外据置型ガスふろ給湯器」の一部の製品において、機器内部の焼損に至る恐れがあることが判明しましたので、該当製品の点検および部品交換作業を自主的に実施させていただきます。
 
 「屋外据置型ガスふろ給湯器(31−027型、31−086型、31−116型)」のうち、1990年4月から1994年5月に製造された製品において、設計上の配慮不足から経年劣化により、追い焚き用ガス通路部分のダイヤフラム※1に亀裂が入り、追い焚き運転中に機器内部にガスが流出し、発火、機器内部の焼損に至る恐れがあることが、製造メーカーであるノーリツからの連絡で判明しました。
 当社ブランド品では、機器内部が焼損する事象は発生しておりません。なお、全国ではこれまでに13件(都市ガス 1件、LPガス 12件)発生していますが、安全装置が働き運転を停止することから、機器外部に延焼した事象はなかったと報告を受けています。
 
  ※1 ダイヤフラムとは、機器内のガスの供給圧力を一定に調整する整圧部品の中のゴム製の材料。
 
 当社といたしましては、同様の事象が発生することを防止するため、以下の方法によりお客さまへお知らせし、点検および部品交換作業を無償で行ってまいります。部品交換が完了するまで、自動お湯はり、追い焚き機能をご使用いただく場合は、機器周辺で異臭がないか、機器本体から煙が出ていないかをご確認いただき、異常がある場合は機器のご使用を停止し、大阪ガスまでご連絡ください。
 なお、不具合が判明した部品は追い焚き用の部品ですので、給湯、シャワーについては通常通りご使用いただけます。
 
 お客さまには、点検および部品交換作業の実施にあたり、ご迷惑をおかけいたしますことをお詫び申し上げますとともに、何卒ご理解ご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。
 
 
1.対象型式および部品交換対象台数
 
型式 部品交換対象台数※2 販売台数
31 027型
31 086型
31 116型
4,230台 8,812台
  ※2 部品交換対象は、対象型式のうち製造年月が1990年4月から1994年5月のもの。
 
2.お客さまへのお知らせ
 6月9日(土)付け主要新聞朝刊に告知広告を掲載するとともに、フリーダイヤルを設置します。
 また、大阪ガスのインターネットホームページ(http://www.osakagas.co.jp)にも掲載します。
 
3.点検ならびに作業内容
 6月9日(土)より順次訪問の上、点検してまいります。また、部品が整い次第、無償で交換してまいります。
 
4.お客さまからの問い合わせ先
  (1) フリーダイヤル   0120−0−94817
  (2) 受付開始日   平成19年6月8日(金)
  (3) 受付時間   月〜土   午前9時〜午後7時
        日・祝日   午前9時〜午後5時
 
5.該当製品の判別方法
  該当製品の判別方法
 
 
以  上
 

ページトップ

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

お問い合わせ

プレスリリースの内容に関するお問い合わせや取材等のお申し込みは、リリースに記載のお問い合わせ先、またはお問い合わせフォームからお願いいたします。

RSSについて
  • ※推奨環境:Internet Explorer 7以上、Firefox2.0以上

購読する

このページのトップへ戻る