このページの本文へ移動します。

大阪ガスはこんな会社です

文字サイズ
  • 文字サイズを小さくする
  • 文字サイズを標準にする
  • 文字サイズを大きくする
印刷
ページを印刷する

海外エネルギー事業

「天然ガスバリューチェーン」に着目

海外で採掘された天然ガスは、液化して専用のタンカーで日本に運ばれ、受入基地で再び気化して、ガスとしてパイプラインで送り出されます。この一連の流れを「天然ガスバリューチェーン」、このうち採掘から液化までを「アップストリーム事業」、輸入・受入からお客さまへのお届けまでを「ダウンストリーム事業」と呼びます。当社をはじめ、日本のガス会社が基盤とするガス事業は「ダウンストリーム事業」にあたります。大阪ガスグループでは、従来のガス事業だけにとどまらず、「アップストリーム事業」も含めた「天然ガスバリューチェーン」に着目し、事業を発展させていく方針です。

早くから海外事業への取組みをスタート

大阪ガスグループの海外事業への取組みは古く、1990年からスタートしています。
LNG(Liquefied Natural Gas=液化天然ガス)の安定的・経済的な調達を目指す中で培ったノウハウやネットワークを活用して、「アップストリーム事業」ではガス田・液化基地など、「ダウンストリーム事業」ではLNGタンカー・受入基地・パイプラインなどに参画・投資を行なってきました。今後も、カントリーリスクが少ない地域・国を中心に、引き続き積極的に投資を進めるとともに、最大限のシナジー発揮を目指します。

ページトップ

株主・投資家情報

大阪ガスをもっと知る!

  • 事業内容
  • 沿革
  • 大阪ガスグループのCSR

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

このページのトップへ戻る