このページの本文へ移動します。

大阪ガスはこんな会社です

文字サイズ
  • 文字サイズを小さくする
  • 文字サイズを標準にする
  • 文字サイズを大きくする
印刷
ページを印刷する

大阪ガスグループが目指す姿

長期経営ビジョン2030・中期経営計画2020「Going Forward Beyond Borders」

大阪ガスグループは、2017年3月に長期経営ビジョン2030・中期経営計画2020「Going Forward Beyond Borders」を策定、発表しました。
エネルギーの全面自由化をはじめとした経営環境の劇的な変化を好機と捉え、「3つの超える」を実行し、時代を超えて選ばれ続ける革新的なエネルギー&サービスカンパニーを目指します。

Going Forward Beyond Borders
お客さまの期待を超える、事業の枠を超える、企業の枠を超える

2030年度に向けた事業ドメインと活動の方向性

2030年度に向けた3つの思い

関西圏で培った質の高いサービスをより多くのお客さまに継続的にお届けする
常に革新的な挑戦を続けるプロフェッショナル集団で有り続ける
投資家・パートナー企業・社会のみなさまや従業員から信任を獲得し続ける
  • ●事業展開地域の拡大
  • ●当社の強みを活かす事業・サービスの拡充
  • ●なお一層高水準な保安・安定供給の確保
  • ●革新的な商品・技術開発、エンジニアリング
  • ●ポートフォリオ経営の推進
  • ●一層の経営効率化による競争力強化
  • ●グローバル基準のESGに配慮した経営
  • ●グループ全従業員が健康かつ健全に事業活動できる組織・職場の構築

※ESG: E:Environment「環境」、S:Social「社会」、G:Governannce「経営」

目指す姿実現に向けた事業ポートフォリオの構築

大阪ガスグループを支える”3本の柱となる事業領域”

国内 エネルギー周辺サービスの拡充や関西圏からの拡大展開
エネルギー&サービスを総合的にご提供
海外 重点活動地域、各地域の重点事業に経営資源を集中投下
相互補完できるパートナー企業との協業やM&Aの活用
事業関与を高め、事業推進力を向上
LBS
新領域
都市開発:関西圏に加え、首都圏での事業拡大
材料:海外を主戦場に、ニッチ市場でトップレベルの地位を確保
情報:先進的なICTイノベーションにより、新たな価値を提供
新領域:エネルギー周辺領域における新規事業開発の推進

目指す姿実現に向けたその他の取組み

お客さまの期待を超えるためのイノベーション
培ってきたICT活用力・エンジニアリング力に加え、先端技術・最新手法を取り入れることで、「お客さまの期待を超える商品・サービス」を提供し続けます。
ステークホルダーから信任を獲得し続ける経営(環境貢献・CSR等)
グローバルに事業展開する企業グループとして、従来のCSRの取り組みを深化させ、ESGに配慮したグローバル基準の経営を目指します。
生産性向上に資する働き方改革の推進と人材育成
健康な大阪ガスグループであり続けるために、意識改革、働き方改革に取り組むとともに、実現のための環境整備についても推進します。

ページトップ

株主・投資家情報

大阪ガスをもっと知る!

  • 事業内容
  • 沿革
  • 大阪ガスグループのCSR

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

このページのトップへ戻る